2019.04.20 Saturday

リペア ファイル その532

0

    マーチン D−28 / バインディング剥がれ・ピックガード作製・交換

     

    しばらくぶりにギターケースを開けてみたら、ピックガードがズレてバインディングは剥がれていたそうです。湿度か熱かで木部が動いたりセルが縮んだりして、こうなったと思われます。こういう事例はときどきありますね。

     

    ピックガードは一回り大きいものを新規に作製。日焼け痕がラインを残しているのでそれに倣って作りました。

      

    (ピックガードの作製は簡単なようですが、きっちり作るとなるとそれなりに手間と時間がかかります。http://9notes.jugem.jp/?eid=780

     

    ピックガードは黒の塩ビ製です。

     

    裏板側のセル製のバインディングが3か所外れていました。こういうケースでは両腰のところが外れますね。片側はそのまま引っ張手も戻らないほど縮んでいたので、途中でバインディングをカットしてから接着します。

      

     

    接着剤を入れてバインディング用のテープで押さえてから型木で全体をクランピングします。そのまま一晩固定。

     

    カットして短くなって隙間ができたバインディングは、同じ素材をそこに合うように切り揃えて詰めて接着します。

      

     

    バインディングとバック本体の目違いをはらってから細かいペーパーで磨いておき、バフで磨き上げたら完成!

      

    (このような作業を合計3か所行っています)

     

    ”28(ニッパチ)”に使われるローズは柾目のいいモノが標準装備されています。こんな芸当が出来るのはマーチン社だけでしょう。世界的にローズ規制(ワシントン条約)が行われている中でどこまで持ちこたえられるか。歴史がある会社なので買付の独自ルートを持っているかも知れません。

      

     

    最近は板目の変わった杢をサイド&バックに使うのが流行していますが、板目は反るものなので将来 力木が外れることも考えられます。ましてや白太(しらた:木部の周辺部で養分や水分が多いため腐りやすく弱い)をブックマッチの中央で剥ぐのは、木工では御法度なんですがこれも流行っています。うーん。

    ローズに代表される有限な天然素材・希少木材を末永く使っていくために、制作にかかわるそれぞれが知恵を出し合って守っていきたいです。

     

    関連ブログ:マーチンギター修理インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=307

    ------------------------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

    または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

     

     

    2019.04.16 Tuesday

    リペア ファイル その531

    0

      フェンダーJAPAN・テレキャスター /  フレット交換(リフレット)・ナット交換・指板塗・リアPU交換

       

      メイプル指板のリフレットは、指板面への塗装作業が伴います。その際、ヘッドやネック裏の塗装の焼け色あるいは着色してある指板・ネックの色とサンディングして白っぽくなった指板面の色合わせが、リフレットのミソとなります。

       

      フレットを抜き去って指板調整しています。塗装面を削り落とした後、メイプル指板の長て方向のストレート性と指板のアールを定規を使い確認しながら削っています。

        

       

      指板のアールに合わせてフレットにも専用道具を使いアールを付けてから一本一本打ち込んで行きます。(フレットの脚/タングも調整しながらの打ち込みでネックの剛性アップを計っています)

       

      塗装です。ヘッドとの色合わせをしながらアンバー系の色で着色しています。色合わせが終わったらに肉付けするためサンディグシーラーを重ね、最後はクリアーを載せて仕上げます。

       

      フレットピークを整えるため「すり合わせ」します。同時にフレットに載った塗装も剥がします。(フレットに塗装が載ったままだとミュートしたような音になってしまいます)

        

      専用ファイルでフレットに丸みを付けた後、フレットをペーパー各種で磨きあげて行きます。

       

      完成!

        

      メイプル指板のリフレットは、塗装込みになるので若干作業代金が高めの設定になっています。(ローズ指板より維持費がかかることを理解したうえで、メイプル指板のギターを購入されるといいかと思います)

       

      ナットも交換してあります。

        

       

      リアピックアップもシングル形状のダンカンのHM(JBモデル)に載せ替えました。これでフロント・リアともHMでポジションによる音量差も解消されたことでしょう。フロントHMでリアシングルだとフロントの音量が大きくなってしまいがちですからね。

        

      それでもかつてはキース・リチャーズとかアンディ・サマーズはうまく使いこなしていましたが・・・ジェフベックはPAFを2機載せたテレキャスター・通称『テレギブ』を愛用していたこともありますね。本機はこれに近いように思います。(相変わらず私のコメントは古いな・・・)

       

      ------------------------------------------------------------

      お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

      または 080-2660-2284 まで

       

      9notes ホームページ


      ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

      スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

       

      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
        

       FC2 Blog

       

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

       

       

      2019.04.12 Friday

      リペア ファイル その530

      0

        ヤマハ SF3000  /  ポット交換

         

        現役のジャパンビンテージ ”ヤマハSF3000”です。’80年代製だというこのタイプは私も初めて見ました。オーナーはいろんなギターをお持ちですが、使いやすさからずっとこれをメインにして来たとのこと。本機に代わってお礼を言いたいくらいです。

         

        ヴォリュームポットが耐久年数を超えたのでしょうポストが抜けてしまいました。ポットを交換しました。国産ポットから米国製CTS社のミリタイプのを取り寄せてポット交換しました。(通常のCTS/インチサイズだとノブが入らなくなるので)

          

         

        トーンポットは2段式(on-on)になっていて、PUがシングル⇔ハムバッカーの切り替え(コイルタップ)ができるようになっていました。

          

         

        ついでにジャックもクリーンナップしておきました。アウトプットジャック本体は国産の高級品が使われています。

          

        プレートはボディのアールに合わせて曲げてあります。芸が細かい!

         

        ヤマハが開発したシンクロタイプのトレモロユニットは、アームの差し込み位置がサドルより後ろにあるため微妙なアーミングがやりにくいとのこと。本家のフェンダー品に軍配が上がりそうです。

          

         

        1PU/1V/1Tのシンプルな設定。リア一発でOKなプレーヤーはこれで十分だとか。(これにシングルとハムの切り替えができれば、どんな楽曲でも対応できるのでしょう)

         

         

        ヘッドデザインははSGと共通ですね。大きな傷もなく大切に弾かれた来たチェリーサンバーストのSF3000、30年以上弾き込むとPUも材木も自然と枯れて来て温かな音です。音楽的な表現力も増しているように感じます。

          

        国産ヴィンテージは、海外でも人気が出てきて流出している様子です。基本設計がしっかりしているメーカー品は、どこへ行っても通用すると思いますが、できれば国内で評価されて使われるようになるといいですね。

         

        -------------------------------------------------------------

        お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

        または 080-2660-2284 まで

         

        9notes ホームページ


        ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

        スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

         

        *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
          

         FC2 Blog

         

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

         

         

        2019.04.08 Monday

        リペア ファイル その529

        0

          BURGIN GUITARS  / トップ膨らみ矯正・補強

           

          ニュージーランドの個人製作家/ルシアーによる”ワイゼンボーン”スタイルのスティールギターです。オールコア単板仕様で、大変よくできた楽器でしたが、トップのブリッジの後ろ辺りが大変膨らんでいました。

          もともと弦高は高い設定ですので弦高にはあまり関係しなかったですが、別のトラブルを生む原因になりますので矯正しました。(音もデッドになりやすい)

           

          力木(トーンバー)とエックスブレイジング中間が膨らんでいます。ボディ内を湿度調整しながらトップから力を掛けて矯正します。その際、ほんのわずか熱も加えてやると戻りがいいです。(ただし気をつけないと塗装が熱でやられて取返しのつかないことになりますので、十二分に注意します)

            

          これを何日も繰り返し、トップを少しずつ下げて行きました。

           

          矯正できたら戻らないようにブリッジプレートを増設してやります。(なるべく軽くそれでいて強くフレキシブルであること)

            

          接着します。

           

          完了しました。

           

          ワイゼンボーンスタイルの特徴は、楽器を膝に乗せてスライドバー弦を押さえて演奏することです(指板にフレットはなくスジが入っている)。内部はネック下も空洞になっていてアコースティックサウンドがよく響く構造になっています。

            

          依頼者はこれにマグネットPUをつけて出力していますね。

           

          オープンコードをボトルネック奏法で奏でる楽器ですが、日本ではまだまだあまり普及していません。その奏法による独特のサスティーンが生むサウンドは、人の琴線に触れてどこかの楽園にいざなわれる感じを受けると思うのは私だけでしょうか?

            

          ハワイもいいな。ニライカナイもいいな。でも極楽浄土はまだ早いな。

           

          ------------------------------------------------

          お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

          または 080-2660-2284 まで

           

          9notes ホームページ


          ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

          スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

           

          *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
            

           FC2 Blog

           

          NINJA TOOLS

          NINJA TOOLS

           

           

          2019.04.03 Wednesday

          リペア ファイル その528

          0

            Gibson L-00 /  ネック傷タッチアップ・ネック塗装

             

            1937年製のギブソンL-00です。御年87歳のヴィンテージギブソンですが、最適なリペアが施されており大変いい状態(トップの膨らみはありましたが、それを考えての処理がしてありました)でした。リペア痕を見ればどのぐらいの器量の仕事か分かりますが、この楽器は1流の仕事がずっとされており、そのためこの楽器が残っているのだと感じました。

            過去の仕事からこちらが学ばされること大です。

             

            ネック塗装に数か所 傷があったので”タッチアップ”で修正しています。お預かり時間も十分いただいていたので、塗装痩せも計算しながら作業できました。

             

            ネックの艶とボディの艶が少し合わなかったので、ネックを”ややつや消し”塗装して全体のトーンを合わせています。(過去にオーバーラッカーが施されていた)

             

            ネックは手で触るので艶が上がることを考慮して”艶けし”具合を調整しています。

             

             

            ”ひょうたん”のような小ぶりなボディでトップは3ピース仕様、完全なブックマッチでなかったです。私はブックマッチがすべてだと思っていなかったので「我が意を得たり」とうれしくなりました。

              

            ラダーブレイシングゆえトップが膨らんでいましたが、(リセットによる)ネック仕込み角度とブリッジの再接着により、弦高は最適化されていました。

             

            ヴィンテージスタイルのヘッドに3連ペグ交換がされていました(ブッシュも古いタイプ)。ただ、ギブソンはヘッドの厚みが一定でなくくさび状になっているので、裏側からペグポストを差し込むとヘッド表面に対して斜めに入ってしまいます。これがペグの故障の原因になっていますが、そういう設計なので修正できません(なぜこういう設計なのか?ヘッドの厚みは一定にすべきですね)

              

            ロングサドルにはオフセット加工がされて、弦長も補正されていました。

             

            ダイネミックレンジは広くないですが、いわゆる”枯れたサウンド”でこの楽器にしか出せない音色を持つオンリーワンのギターでした。楽曲によってはすごい表現力を持つでしょう。

              

            ギターはヴァイオリン属に比べて修理がしにくい構造ですが、我々リペアマンが知恵を出し合い”ヴィンテージギター”をさらに100年以上残せるように頑張りたいです。

             

            ギブソンギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=631

             

            ------------------------------------------------

            お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

             

            9notes ホームページ


            ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

            スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

             

            *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
              

             FC2 Blog

             

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

             

             

             

             

            2019.03.30 Saturday

            リペア ファイル その527

            0

              ASTURIAS JAZZMATES model Rose / トップ割れ・力木外れ

               

              アストリアスのエレガットです。表単板仕様。どこかでぶつけたのかトップが割れています。ピックアップとプリアンプを外して作業しました。

               

              サイドにプリ用の窓が開いているので内部の作業がやりやすかったです。(なぜプリ側が破損したか考えてみると、こちら側が重いのと構造上弱いからだとも言えます。このことはどのプリアンプ付きのギターにも言えますね)

                

              割れ面に段差が出来ていたので、接着剤を摺り込んでから、内部からジャッキアップして上下からクランプします。

               

              割れ面にパッチを張っていきます。

               

              衝撃からか力木が複数個所外れていました。接着剤を入れてからクランプで圧着。

                

               

              今回は「塗装なし」で仕上げました。ウレタン塗装だったので凹んだところはエポキシで盛り上げてから水平に研磨し、最終的にはバフで磨いてあります。

                

              全体をクリーニングし弦を張って完成!

               

              アストリアスはアコースティックの楽器(クラシックギターやスティール弦のアコギからマンドリン・ウクレレまで)を何種類も手掛けており高品質で定評があります。また最近は”ダブルトップ”のクラシックギターが海外でも評判のようです。

                

              この楽器もエレガットなれど生鳴りもよく、これからさらに使い込んでいけば、こなれた心地いい音になって行くことでしょう。

               

              クラシックギター修理 インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=648

              ------------------------------------

              お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

               

              9notes ホームページ


              ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

              スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

               

              *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                

               FC2 Blog

               

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

               

               

               

               

               

               

              2019.03.25 Monday

              リペア ファイル その526

              0

                フェンダーmexico ストラトキャスター / PU交換・ピックガード作製

                 

                ”ストラト弾き”の依頼主「2H仕様のストラトを持っていても案外出番がない」ということで、シングルのそれも「P-90」へ交換とそれに伴うピックガード交換をしたいと持ち込まれした。このギターにジャストフィットするピックガードは存在しませんので、新たに作製することに。

                 

                すでにハンバッカーはギブソン「Burstbucker」に交換されていて、コンデンサーはバンブルビー、ポットも500Ωに交換されていました。ピックアップはシングルPUの「P-90」を選ばれていますが、あえて伝送系はこのままの仕様で行くことになりました。

                  

                素材は同じ黒3プライをチョイス。大まかな形を写しました。

                 

                ノコ幅の狭い”帯ノコ”でカットします。次にオリジナルを写し取るためこれをそのままテンプレートとしてルーターテーブルで「倣い加工」します。写真はないですが、刃物を45°の「面取り」用に交換してエッジを斜めに加工します。

                  

                 

                3wayスイッチ用の穴の加工専用ジグ。細いビットを探して使っています。

                  

                ビス穴位置をオリジナルから転写してボール盤で穴開け加工。その後ビスの「皿面」を取る専用のビットでビス穴を仕上げます。

                 

                一度、ネックとボディとピックガードを組んで見てセンターを確認してから「P-90」用の穴を抜く位置をピックガードに書き込みます。(位置決めでは、ホールピースにバランスよく弦が架かるように配分します)それから糸鋸で小さめの穴をくり抜いてから、

                  

                「P-90」用のテンプレートをセットしてトリマーで「倣い加工」します。

                 

                アッセンブリー位置に銅箔を貼ってシールドします。

                  

                ピックアップは巷で噂のメーカー”LOLLAR PICKUPS"。ピックアップはネックとリアで出力が変えてあるようですが、ホールピースの間隔は同じでした。カバーもダンカンより長て方向がや短かかったです。(テンプレートもそれに合わせています)

                 

                「P-90」はボディ直付けですので位置決めがしっかりしないとピックガードにジャストで決まってくれません。1・6弦を張って位置確認してみます。さぁて、ピックガードを載せて・・・

                  

                完成!

                 

                そのサウンドは、「音に品があってきめが細か」感じです。「P-90」特有のワイルド感を残しつつ高品質になったような。高めの値段設定なれど通が載せ替え用ピッアップに指名するだけある”LOLLAR PICKUPS”です。いいですよ!

                 

                -------------------------------------------

                お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                 

                9notes ホームページ


                ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                 

                *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                  

                 FC2 Blog

                 

                NINJA TOOLS

                 

                 

                 

                 

                2019.03.20 Wednesday

                リペア ファイル その525

                0

                  カマカ K100 /  ネック外れ・フレット再打ち込み

                   

                  ウクレレといえばハワイです。カマカ・コアロハ・Gストリングス・コアロハはハワイ製のウクレレメーカーとして定評があります。この個体はKAMAKA製で杢なしコアでできていました。

                    

                   

                  持ち込まれたときは、ネックがユルユルで12フレットが抜け落ちていました。

                   

                  すぐにネックが外れてしまいました。なんと丸ダボ1本でジョイントされていました。これでは抜けてしまうのも無理ありません。ジョインとするヒール接合面を修正してから、サイジング(接着性がよくなるように接着剤で導管をあらかじめ固めておくこと)しておき、改めてエポキシ系接着剤を使いポニークランプで圧着しました。

                    

                   

                  つぎにダボをもう一本打ち込む準備をします。ロングドリルでヒールに斜めに下穴を開けてからローズ製の丸棒を叩き込みました。

                    

                   

                  ヒールに馴染むようにカットしました。これでネック強度が出たと思います。

                    

                   

                  抜け落ちた12Fにフレットを入れる準備をします。指板にフレットタングより少々きつめの溝を切ってから、フレットを打ち込みました。

                    

                   

                  フレットはマンドリンやウクレレに使う一番細いものを使用します。

                  修理完成!

                   

                  使い込まれたウクレレでしたので、出音はとてもこなれた角のない音色で優しい音です。マホガニーよりは音の輪郭がはっきりしている印象です。杢がないコアでもきちんとコアの音がしますよ。

                   

                  ----------------------------------------------

                  お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                   

                  9notes ホームページ


                  ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                  スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                   

                  *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                  にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                    

                   FC2 Blog

                   

                  NINJA TOOLS

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2019.03.16 Saturday

                  リペア ファイル その524

                  0

                    ANTORIA  G2 110 / ブリッジ剥がれ・再接着・全体調整・クリーニング

                     

                    40数年前に購入したという”アントリア”というブランドのギター。このネームは初めて聞きました。どうやら日本製の海外輸出ブランドのようです。学生時代はこれをずいぶん弾かれたそうで、定年後に久方振りに出して見たら駒が浮いていたそうです。

                      

                    つくりは、オール合板製で力木はラダーブレイシングでした。

                     

                    弦の張力で駒の後ろ側が引っ張られ浮いていました。ラバーヒーターでブリッジ(駒)に熱を加えて完全に剥がします。

                      

                     

                    ブリッジ自体が変形していたので、アイロンで矯正しています。駒下にあたるトップも修正します。

                      

                     

                    接着面が剥がれたときに部分的にめくれていたので、ブリッジを接着しても合板製のトップの剛性は低いと判断し、ビスで補強することにしました。

                      

                     

                    ブリッジとトップを貫いたビスが裏面でワッシャーで留めてあります。この手の補強は一般的に行われていて、実際に有効です。(ギブソンなどに多いですね)

                     

                    レトロな雰囲気です。0フレット仕様でした。

                      

                     

                    ボディの胴の深さがネックヒール部とボトム部が同じ深さでした。通常はここは浅く→深くと胴にテーパーがついているのですが、同じなのでネックヒールが長いです。

                     

                    どことなしに短めなドレットノートです。きっとマーチンかギブソンをコピーしようとしながら、完璧にはできなかったのでしょう。ギターを知らない木工職人が舶来品を真似ようとして作ったギターでは、こう言うことが起こりえます。高度経済成長期の日本のフォークギター制作黎明期はこういうところからスタートしたんですね。

                    貴重な一本です。

                     

                     

                    ---------------------------------------------------

                     

                    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                     

                    9notes ホームページ


                    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                     

                    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                      

                     FC2 Blog

                     

                    NINJA TOOLS

                     

                     

                     

                     

                     

                    2019.03.12 Tuesday

                    スモークド乾燥処理済み「ホセ・アントニオ No.1」の感想

                    0

                      HP内にあるshopで販売した スモークド乾燥処理をした「ホセ・アントニオ No.1」を購入者からレポートを頂きました。本人の承諾を得て購入後のこのギターに関するレポートをアップさせてもらいます。

                       

                      ”スモークド乾燥”を施したクラシックギターの様子をつぶさにレポートしてくれています。

                       

                       

                        

                       

                        

                       

                        

                       

                      「ホセ・アントニオ購入してほぼひと月ということで、まだ音は変化しつつある感じですが、とりあえずこの時点での感想です。

                       

                      最初の強烈な匂いもだいぶ落ち着いてきて、弾かなければ気にならなくなりました。ただ鳴らし始めると、匂い粒子が目をさますのか、サウンドホールから漂ってきます。それにも慣れてきましたが、温湿度によって強弱の変化はあるようです。ちなみにギターは18畳の杉壁の部屋に吊るして保管。

                       

                      最初ギターが届いた時にも何か違うなと思ったのですが、スモーク後のバフ掛けとか細かく調整が加わっているようで、そのあたりのひショップさんとひと手間ふた手間、注がれた目と手の名残がギターにまた違った感じを与えています。


                      この価格で単板とは思い切っていますが、材のランクはもちろん超高級機に劣ってはいるものの、ギターとして良くできていると感じました。

                       

                      肝心の音ですが、匂いが気にならなくなって弾く時間も増えてきたせいか、お互いに気持ちが通うようになってきた感じで、少しずつ鳴り始めています。説明にある通り、やはり10年程度以上のエージングと言うべきなのか、新品でもヴィンテージでもない、ヌーベル・ヴィンージ?やはりその途中の音という感じです。


                      というより、そう言われてみればそうかなという印象。明るい音色、音量はけっこうある、何か発音が明瞭という感じ。サステイン良好、特にホール感というのか全体の響きがエフェクトがかかったようでこれだけでも高ポイントです。高音側に比べると低音の方がまだほぐれてないという感じもします。

                       

                      音の立ち上がりがいいのか、最初はじゃじゃ馬かと思っていたものの、ソフトにヴィブラートをかければ、割と素直にかかってくれる。そう思いなおして弾いてみると、このギター反応がいいので弾きやすい。昨晩など思いっ切りスローで「酒とバラの日々」とかを鳴らしてみたら、メロディーとコード進行の重なり具合、その絶妙さに不覚にもグッときてしまった。


                      この時点で、自分のレパートリーを一曲でも、ワンフレーズでもそれまでにない感じで歌ってくれれば、もうスタメン確定です

                       

                      個人的感想として、お店で買うギターにはまだ「製品」の部分が残っていて、そこからの弾き込みで徐々に自分の「楽器」に変貌していくと思うのですが、このギターはもうすでにその「楽器」に近づいている印象があります。


                      きっとこれは、スペイン産とショップさんとのコラボまたはハイブリッドと言うべく、スモーク処理による市販品とは別物のカスタムギターなのだと納得。」

                       

                      ****(後日のメールより)

                       

                      「まだまだ半信半疑なのですが・・・今朝も出勤前にちょって鳴らしてみたのですが、やっぱり、ホセは鳴るんですよ。

                       

                      すーっと気持ちよく。すぐ曲の世界が立ち上がってくる。単に杉というだけではなさそうで、例えてみれば、美声の女子アナのようで、もう発声そのものが心地よい。やっぱりこれは現実だと認めざるを得ない(笑)

                       

                      最初の匂いは、けっこうハードルで反応はかなり個人差があると思いますが、ここをクリアーしてでも、自分にとってのギター王国を目指す旅人(笑)は必ず何人かいると思います。」

                       

                      ***(Kさんありがとうございました)

                      (匂いのことなど、当工房でこうは表現できないこともレポートしてありリアリティーがあるかと思います。音に関しての感覚は個人差がありますが、”スモーク”効果を少しでも言葉で感じていただけたら嬉しいです)

                       

                      関連ブログ:http://blog.9notes.org/?eid=754

                       

                      ------------------------------------------------

                       

                      お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                       

                      9notes ホームページ


                      ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                      スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

                       

                      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

                      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
                        

                       FC2 Blog

                       

                      NINJA TOOLS

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM