2014.10.14 Tuesday

カスタム・ゼロワン 復活!

0


    長らく受け付けを停止していました、アコースティック・ギターにシンクロナイズド・トレモロ・ブリッジを搭載する改造「9notesカスタム・ゼロワン」を再開することにしました。

    この改造は、当工房9notesが試作を繰り返し実用にごぎつけたもので、「実用新案」も取得しています。

    ご自身のアコギにシンクロ・トレモロを搭載してアームプレーを愉しみ新たな音楽を創造したいという方々、どうぞ
    お問い合わせください。

    〈改造の流れ〉
    1・ドレット・ノート タイプのアコースティックギターを使用して改造します。
    2・お客様からメールまたは携帯で連絡していただき、ギターの状態をお聞きします。
    3・改造の内容をお話します。(裏側にスプリング掛け用の穴が開く、マグネットPU取り付け可能、等々)
    4・ギターを送って頂き、改造に着手します。

    改造費用
    カスタムゼロワン(アコギにシンクロトレモロ・ブリッジを搭載する改造)
    ¥60,000(ブリッジ・弦代金込み)
    (往復送料はお客様負担でお願いします)

    オプションについては、お問い合わせください。

    ----------------------------------------------------------------------------
    Please click
    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    Shop「スモークド乾燥済みS・ヤイリYTD−18N」販売中

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています


    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
     FC2 Blog

                                   ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で20分
     

     
    2013.04.23 Tuesday

    実用新案3182932号

    0




      ようやっと「アコースティックギターにトレモロユニットを搭載する」アイデアが実用新案で認可登録されました。


      名古屋の楽器問屋さんの手助けがあって、名古屋の商工会議所内の知的財産に関する課の担当者にアイデアを持ち込み、指導を受けながら文章を書き上げ、図面を仕上げ、特許庁に申請する手筈が整いました。


      いやぁー。官庁に提出する書類が手続きが小難しく、担当者によって手直しされた文章は、我が文が意味不明の文章になっていました。(意味不明ってことはないか。失礼しました。正確には意味を理解するのに、一呼吸どころか50呼吸必要でした。)


      特許と実用新案の違いは、特許は「物(プログラムを含む)・方法」を保護対象にですが、実用新案は「物品の形状、構造又は組合せ」を保護対象になています。


      私のケースでは、内部構造をピックアップすることで「構造」により、実用新案を選びましたが、クレバーな担当者さんは、「特許」でも問題ないとおっしゃっていました。


      営業的に早く効力を求めるケースでは、「実用新案」を取るケースが多いそうです。権利行使も最近の判例では、「特許」と遜色なくなっているそうです。「実用新案」はスピードと手数料の安さが魅力でしょう。


      私はどっちでもいいです。考案者は私ですが、実用新案権利者は共同になりましたので、このアイデアは私ののみで実行することは、なくなりました。(時節柄、市場への新製品の投入が遅れています。このアイデアの市販品が楽器屋さんに置かれるのは、もう少し時間が必要と思われます。)


      用は、このアイデアは音楽のイノベーションに貢献できたらいいのです。もちろん、正直にこのアイデアに対して投資したモノは回収したいし、利益も得たいですよ。しかし多くのアイデアは、アイデア倒れになることも多いのです。


      そのことを知った上で、「アコギでアームプレイを使った新しい音楽の想像」に立ち会えたら、考案者としては本望です。



      ------------------------------------------------------------------------

      ギター工房9notes HPへどうぞ(岐阜)


      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
       
       FC2 Blog Ranking
      2012.11.11 Sunday

      山本恭司さんにリンク!

      0
         以前のブログにMt・エナロックで山本恭司さんが、9notesカスタムゼロワンを手に取ってくださったことを書きましたが、(10月14日ブログ「Mt.EnaRockに行ってきました。」)

        Facebook フェイスブックの山本恭司さんのアルバムの中で、そのショットとコメントが見られます。
        アルバムの「すべてを表示」を開いて
        Wild Flag  Mt・Ena Rock Festival 2012のアルバムの中の最後の2枚(白黒写真)

        http://www.facebook.com/kyoji.yamamoto

        よかったらリンクして見てください。

        ---------------------------------------------------------------------------------------

        ギター工房9notesホームページへどうぞ
        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

         
        2012.10.18 Thursday

        お知らせ

        0

           好評頂いていた9notesカスタム ゼロワン (シンクロナイズド・トレモロブリッジ付きアコースティック・ギター)アコスティック・ギターにシンクロナイズド・トレモロブリッジを搭載する改造は終了させて戴きます。ありがとうございました。

          その代わりに、シンクロナイズド・トレモロブリッジ搭載済みアコースティック・ギターの販売を考えております。

          お客様のギターを預かって改造するのではなく、新品のギターで改造済みアコギを提供しようとするものです。

          発売までは、まだ少し時間が掛かりますが、どうぞご期待ください。




          2014年10月14日より 改造を再開させました。どうぞよろしくお願いします。
          詳しくは、http://9notes.jugem.jp/?eid=361



          -----------------------------------------------------------------------------------------

          ギター工房9notesホームページへどうぞ
          2012.07.13 Friday

          サウンド・オブジェ

          0




            物置になっている離れの二階を塗装室に改造しようと久々に引っ張り出して来た「サウンド・オブジェ」の写真です。


            20代半ばに「だれにも真似できないもの」を作ろうと始めたシリーズです。人型弦楽器や巨大なサボテンを摸したパイプルガン、スリットドラムのオブジェなど製作しました。(残っているのは数点ですが、「よく残したな」と改めて自分でも関心。)


            これを演奏したことから、後のアート・パフォーマンス活動に繋がります。




            発表を目的に製作を始めた訳じゃなく、自己存在の確認と自己顕示欲がごちゃ混ぜになりながら、ひたすら作っていた日々でした。


            1984年に名古屋の「ASGがらん屋」で個展・発表しましたが、仲間を引き込み“燃焼”したことを思い出します。


            今年、アコースティックギターに普通エレキに付いているシンクロトレモロを載っけた“変な”ギター「9notesカスタムゼロワン」を発表した私ですが“変な”モノを作る性格は昨日今日できたものではありません。


            たくさん作って来ましたし、これからも作るでしょう。もちろん“まともな”仕事ができるから作れるのです。



            ------------------------------------------------------------------------------

            ギター工房9notesホームページへどうぞ


            2012.05.23 Wednesday

            末原名人「カスタム・ゼロワン」弾く!映像を観よ!

            0



               ギタリスト末原康志氏「末原名人」が当工房の9notesカスタム・ゼロワンを弾いてくださりました。
              その映像がアップされています。
              http://www.youtube.com/watch?v=8nebopovxnM

              フェースブックhttp://www.facebook.com/profile.php?id=100003625912675&ref=ts#!/yasushi.suehara?sk=wall

              末原さんのホームページhttp://blog.sueharayasushi.com/

              嬉しいなぁ。
              まだまだ、よちよち歩きのカスタム・ゼロワンですが、ゆっくり成長してもらいたいです。

              -------------------------------------------------------------------------------------------

              ギター工房9notesホームページへどうぞ

              2012.04.15 Sunday

              カスタムゼロワン「末原康志プロトタイプ」

              0

                 



                おとといの晩、ミュージシャン「末原康志」氏のブログとフェースブックに9notesカスタムゼロワンのレポートが掲載されました。

                http://blog.sueharayasushi.com/?eid=1108375

                http://www.facebook.com/photo.php?fbid=244282225671057&set=a.122225694543378.20764.100002678431881&type=1&theater&notif_t=like


                鹿児島に住む友人の尽力により、末原さんにこの楽器を見てもらい興味を持ってくださった結果、末原さんに手に「カスタムゼロワン」が渡りました。


                末原さんhttp://sueharayasushi.com/act.htmlは、凄腕ギタリストの上、数々のギターやPUの試奏をこなされているプロ中プロ。


                私のアコギにトレモノユニットを搭載するアイデアを、自身もお持ちだったとお聞きして嬉しい縁を感じました。その方に試奏をお願いできたことは、願ってもないことでした。


                ブログがアップされる前にメールで「音色はLOWが少なめではあるけれど、上の倍音とサスティーンはありますね。等々。」との言葉をもらいました。


                やさしいお言葉です。


                正直、アコギに重いシンクロを載せると低域が出にくくなります。
                それを欠点だと断罪するのでなく、長所を持ち上げてくれています。


                製作側にとってこれは、ありがたいことなんです。
                ほかでやってないことをチャレンジするのは、リスクを伴っているものです。
                欠点を探せば出てくるのは、当然でもあるのです。


                そこに焦点を合わせず、新しい試みに可能性を感じてくれるところが、製作側には嬉しいのです。


                もちろんそこに甘えず、さらなる改善に努力していくつもりです。


                -----------------------------------------------------------


                フェースブックでいくつかの疑問が出ていましたので私から補足を。


                「強度について。」


                表板は裏からメイプル材で補強してあります。また、シンクロブリッジはあえて6点支持のタイプを採用して、力が掛かるのを分散するようにしています。


                また、ビスの端2本は板の表裏から挟むタイプに交換してあり、表板と一体になるように工夫しました。


                スプリングに掛かる弦の張力は、表板や裏板にかからず側板に掛かるようにしてあります。丁度、大車輪の中で人が手足を伸ばし、つっぱり棒のようにしてバランスを取るみたいに。


                万が一、トラブルが起これば後ろから内部に手が入るので修理が効きます。


                内部の工夫は、サウンドホールから見えないようなぎりぎりで設置してあります。その辺はアコギですので一様配慮しました。


                あとは、材料の使い方にも工夫がありますが、それは専門的なのでまた説明します。


                サウンドにはスプリングリバーブが掛かっています。それを嫌うならスプリングの内部に細く切ったクッション材を入れる手もあります。


                -----------------------------------------------------------


                現在も改良を続けています、ブリッジにゴトー510をつかったり、サドルにタスク製に交換したり、またスプリングの数・種類等交換したり、さらに新種のユニット搭載も企画中です。


                乞う!ご期待!

                −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                ギター工房9notesホームページへどうぞ


                2012.03.24 Saturday

                カスタム・ゼロワン・横浜弦楽器スペシャル

                0

                   


                  写真はシンクロナイズド・トレモノブリッジを装着する改造「カスタム・ゼロワン・横浜弦楽器スペシャル」です。横浜弦楽器のためのスペシャル・バージョンを紹介します。


                  ベースとなるギターはフェンダー社製アコースティックギター・ソノランです。


                  やはりさまになりますね。シンクロは元々ストラトキャスターに装着されていますから、当然ですが。


                  6連ヘッドはシンクロに適しています。ネックアングルが浅いですし、ナットも幅が狭く摩擦抵抗が少なく、弦が真っ直ぐにペグに伸びているのでナットでの抵抗がここでも少なくなります。


                  アームプレイの安定を考えぺグにはゴトー製のマグナムロックに交換してあります。(チューニングの狂いを最低に抑えたいため。)


                  ブリッジはフローティング状態に設定してあり、アップ・ダウンに対応します。


                  弦は、アコギ弦012から始まるライトゲージを張ってあります。エレキより太いため、テンションはエレキより強めです。


                  ネックはメイプル。アールはアコギにしてはやや強めの10Rで、エレキからの持ち替えには適しているかと思います。


                  PUはタカミネ社Tri-ax(マグネットピックアップ)を装備しました。これはLRバックス社M-1アクティブと同じ構造で、弦振動による電極発生から電気信号を生むエレキギター型のピックアップにアコギ特有のギタートップ材の振動をも取り込むアコギ専用アクティブPUです。


                  タカミネ社の方がLRバックス社よりローが出るように調整されています。ここでは、ノイズ対策に弦アース加工もしてあります。


                  この楽器は生音でも十分楽しめる上、ステージでも活躍できるかと思います。


                  興味のおありの方は、横浜弦楽器のサイトにお越しくださいますか。http://www.shop-online.jp/yokohamagengakki/


                  どうぞよろしくお願いします。




                  ---------------------------------------------------------------------------------------------

                  ギター工房9notesホームページへどうぞ

                  2012.02.26 Sunday

                  カスタムセロワンPV

                  0


                    http://www.youtube.com/watch?v=uKIxjo2TqWY&feature=share&__from=mixi

                    友人のギタリスト:小坂田 徹(by The Peace Makers)製作による9notesカスタムゼロワンのプロモーション・ビデオ。(上のサイトをクリックして下さい。現在このブログに動画貼り付けが出来なくなっています。復旧できしだい貼り付けます。)


                    アコースティックギターにシンクロナイズド・トレモロ・ブリッジを装着した改造:9notesカスタムゼロワン の魅力を感じて戴けたらと思います。


                    シンクロユニットはフローティングの状態にセッティングしてあり、ダウンとアップに対応できます。(チューニングを安定させるため、ロックペグ装着をお薦めします。)


                    カスタムゼロワンの改造はトレモロ・ブリッジ装着のみですがこのPVでは、オプションの「ロックペグ装着チューン」と、オプションの「マグネットピックアップ装着」が施してあります。

                    ご好評いただいたカスタムゼロワン(改造)は終了しました。ありがとうございました。
                    代わって、シンクロ装着済みの完成器の販売予定でおります。どうぞご期待ください。

                    カスタムゼロワン(トレモロ・ブリッジ装着改造)
                                ¥55000円(ブリッジ・弦 代金込み)

                    オプション 淵◆璽爛瀬Ε鵝Ε▲奪廚魴り返すとチューニングの狂いが生ずるためロックペグ装着をお薦めしています。また、よりチューニングを安定させるためナット交換とフレット調整するチューンナップです。)
                               ロックペグ代金+¥10000円(ペグ交換・ナット交換・フレット調整)


                    オプション◆淵泪哀優奪肇團奪アップを装着する改造です。)
                               マグネットピックアップ代金+¥9000円





                    2014年10月14日より 改造を再開させました。どうぞよろしくお願いします。
                    詳しくは、http://9notes.jugem.jp/?eid=361





                    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                    ギター工房9notesホームページへどうぞ

                    2012.02.07 Tuesday

                    カスタムゼロワンのセットアップ

                    0

                       
                      ギターのセットアップについて。このところアコギにシンクロナイズド・トレモロ・ブリッジを載せる改造「カスタム・ゼロワン」のセット・アップに係りきりでした。


                      ストラトキャスターに装着されているシンクロナイズド・ユニットですが、アコギに載せるとソリッドのエレキでは拾わない音までも増幅してしまいその対応が必要になるからです。


                      ビビリ音や共振音などです。これには本体だけでなくネックの状態も関係します。まずフレットの状態が肝心で、必要ならすり直し作業をし、またフレットの浮きもチェック。


                      ペグは、アーミングで狂うとの指摘によりロック・ペグを勧めることにしました。また新たに普通のペグでもいわゆる「マーチン巻き」と呼ばれる弦をロックする巻き方(さらに巻き数も一回)で試しています。ここでの共振もチェックします。


                      ナットの状態も音に大きく関係するので、密着度、溝の形状、設置点の角度など確認しながら作業します。


                      スプリングを受けるハンガーのネジをスプリングのテンションを確認しつつ、シンクロブリッジがフローティング状態になるように調節します。


                      ほかには、ブリッジを本体に固定する木ネジと(カスタムゼロワンではそのうち2本を裏からも締め付ける挟む様になっています)の締め付け具合の調節もあります。


                      友人の尽力で多くのプレーヤーに試奏をしてもらい、プロの方のアドバイスもいただきながら、改良を続けています。


                      シビアーな調節もネットで検索して知ることができました。情報を開示してくれているので、ありがたく参考にさせてもらいました。


                      楽器の本来の能力を引き出すには、調整・セットアップが不可欠です。それを専門にしている工房も存在します。


                      私ももっと勉強してその能力を身につけたいですね。根気のいる仕事ですが、面白みを感じます。


                      少しのことでプレイアビリティーが上がるし、音のバランス、テンション、反応が変化するのを感じます。その感じを確実にプレイヤーのニーズに添う形にできれば表現が広がることでしょう。


                      「カスタムゼロワン」改良中の副産物として調整の妙を知った次第です。





                      -------------------------------------------------------------------------------------------------

                      ギター工房9notesホームページへどうぞ

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM