2018.08.07 Tuesday

リペア ファイル その478

0

    ヤマハ FG−400W / 表板膨らみ矯正・フレット交換(オーバーバインディング)・ナット交換

     

    大変珍しいYAMAHAのヴィンテージ・ギターFG-400W。一時のギブソンのようなサドルをアジャスタブルできる機能が付いています。ヤマハもこのようなモデルを作っていたんですね。

     

    表板は合板製で力木も細いこともあって剛性不足と思われます。ロウアーバウト(下部の円)全体の膨らみとブリッジのすぐ後ろ側が極端に膨らんでいました。少し熱をかけて矯正するため”あて木”を作り その上からヒーターを当て、同時にクランプで表板を締め込みます。温度と時間を調整しながら、少しずつ下げて行きます。

      

     

    Xブレイスから斜めに伸びるトーンブレイシングに沿って三角形のプレートを補強のため貼り付けます。

      

     

    さらにブリッジ裏に四角のプレートを貼り付けました。このプレートは先の三角形のプレートとオリジナルのブリッジプレートをまたぐ様に貼り付けてあります。このプレート厚(5ミリ)分 弦のボールエンドが下がるため弦のベクトルが変わり、サドルに掛かる圧力が高まる目論みです。

      

     

    フレットを交換します。指板調整後フレットタングの深さまで専用のノコギリで切り込みを入れます。オーバーバインディング仕様のためフレット端のタングをカットし、ヤスリで整形しています。

      

     

    フレットピークを軽く整えます。頂上が少し平らになった分を専用ファイルを使ってピークをつけ直します(フレットすり合わせ)。

      

     

    指板をマスキングテープで保護してからペーパーの番手を変えながらフレットを磨いて行きます。

      

     

    フレット端の処理:フレット端の面を滑らかにするためヤスリで軽く丸めてあります。

      

     

    ナットも牛骨製に交換します。ネームは”音叉"ロゴマークで入れてあります。この”音叉”マークが、オートバイまで作るYAMAHAという企業の共通デザインであるところが面白いですね。ちなみに”ヤマハ”は創業者の「山葉寅楠(やまはとらくす)」の姓から名づけられています。

      

     

    アジャストブルサドル。サドルを2本のスタッドで支えてサドル下に隙間を作ります。そのためスタッドを回せばサドルが上下し、弦高調整が自由に設定できるのです。エレキの「チューン・O・マチック」の応用ですが、アコギには珍しい構造です。この構造が楽器のサウンドを決定つけます。オーナーは「鐘を突いた様な低音」と表現されています。

      

     

    ご覧の通りトップの膨らみも矯正されています。

      

     

    わずか1年しか製造されていないというブラックラベル('74年〜''75年)。FG400Wには派手なピックガードが付いているそうですが、この個体は外されていました。それにしてもヤマハの黒ラベル・赤ラベルには面白い個体が多いですね。高級機ではないのですが個性があります。この個性を生かす楽曲との出会いがあれば鬼に金棒でしょう。

      

     

    -------------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

     

    2018.08.02 Thursday

    リペア ファイル その477

    0

      Three S TC-035 輸出仕様   / 全体調整

       

      前回の続きで”スリーS”のデッドストック品を調整しています。

       

      この個体はカタログにないところから、輸出仕様だと思います。実際に70年代にはOEM生産で別メーカーの輸出モデルも作っていたので、こういうことはありえます。現在の中国製のギターのように当時は世界中に日本製のギターが出回っていたことでしょう。

       

      ”サンバースト”は渋いテイストをつけてくれます。ブルースですね。バック&サイドはローズ合板ですが、塗装膜が経年変化で適度に薄くなっていました。導管が浮かび上がっているので単板に見えます。

        

       

      ロトマチックタイプ・ペグが標準装備だったようです。高級機の証です。トラスロッドはボディ側にあるためマーチンヘッドに肉薄しています。

        

       

      口輪(リング)がサンバースト塗装でつぶれていますが、ここは抜けていた方がカッコイイのですが・・・(ギブソンはもちろんそうなっています)このモデルは小ぶりなのが解りますか?

        

       

      OMモデルと比べてみました。ブリッジの位置がの下半身の中心に来ています。OMよりも一回り小さいですね。

       

      弦長は同じのようです。カタログには女性向けを謳っていますが、現在でもこの大きさは受けいられると思います。ベッドサイドに立てかけておいて、寝る前にポロロンと気軽に弾けるギターの需要はあるようですから。(ミニギターがある程度売れているので)

        

      枯れているので音量も結構ありました。

       

      -------------------------------------

       

      「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

       

      9notes ホームページ


      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売

      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
       

       FC2 Blog

                                                                                ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

       

       

      2018.07.29 Sunday

      リペア ファイル その476

      0

        Three S  TG-005 / ネック調整・全体調整

         

        焼き物の産地でも過去の有名な作品は現地に残っていないケースが多いそうですが、ギターでも同じかも知れませんね。案外、メーカーに過去の作品が残っていないと思われます。商品ですので在庫にしないで”売る”のが商売だからそうなるのでしょう。

        恵那で生産された『鈴木バイオリン』のギターブランド ”スリーS”の最高峰"TG-005"。関係者が保持していた未使用品”デッドストック”ギターです。

         

        往年のカタログをコピーさせてもらいました。現在でも「Troubadourシリーズ」は魅力的に感じます。Troubadourは「吟遊詩人」の意味ですから、スモールボディギターを旅のお供にしたイメージかも知れません。この"TG-005"を「たま」というバンドが紅白歌合戦で使用してから人気が爆発したようです。その頃すでに生産終了でしたので中古市場で高値を呼んで現在に至るそうです。

          

         

        わずかネックの反りがあったのでアイロンで修正しました。指板の汚れは主に”ほこり焼け”で、空気中の油分がホコリとともに指板について雲った感じになっていましたので、アルコールでクリーニングしておきました。

          

         

        ボディも同じように”ほこり焼け”していますので、クリーニング剤できれいにします。この後バフでも磨いて仕上げておきました。

          

         

        小ぶりなボディは、マーチンのパーラーモデル「00」に当たると思われます。トップはスプルース単板・サイド&バックはローズ合板です。塗装は極薄。

          

         

        ヘッドの”トーチインレイ”は手で切り出した感じがそのまま残り味があります。よく見ると糸巻きのポストには糸を巻きつける穴が二つずつ開いていますね。

          

         

        「Tree S」の焼印。昔の国産品コピーモデルに見られる「ピッチ不良」(オクターブピッチが合わない・弦長補正が正しくないのでそうなる)は、ありませんでした。

          

         

        ”スタイル45”に見合うモデルなので貝のインレイが全体に入っています(ただし、本物の貝ではなくセルでした。でもこれも却って味があります)ポジションマークの"ヘキサゴンインレイ”は本物のアワビ貝が入っています。

          

         

        調整後の出音は、思っていたよりずっと大きくビックリしました。このサイズでも音量はあるんですね。低域は薄いのですが、全体的バランスがよく低音不足を感じさせません。歌の伴奏にピッタリだと思いましたが、忘れがちですが歌の伴奏用楽器は音量が必要です。

        品があり魅力的なギターでした。

         

        ------------------------------------------------------

         

         

        「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

         

        9notes ホームページ


        ブログ「よごれた顔でこんにちは」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売

        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
         

         FC2 Blog

                                                                                  ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

         

         

        2018.07.25 Wednesday

        リペア ファイル その475

        0

          ヤマハ L−8 / ネックリセット・フレットすり合わせ・再リセット

           

          ジャパンヴィンテージに呼ぶにふさわしい”ヤマハL−8”。欧米産の”スプルース”ではなく、国産の”エゾ松”をトップで使おうとした当時のヤマハの意気込みを感じる一品です。

           

          「ネック元起き」の症状に対して「ネックリセット」することになりました。デロンギのエクプレッソメーカーで蒸気を発生させて15フレットの位置から細いパイプでダブテールに蒸気を注ぎます。リセット用のジグをセットしてあるので、ボルトを巻き上げヒール部から押し出すようにネックを外します。

            

           

          仕込み角度を変更するのでネックヒールの下の部分(細いところ)をノミで整形してやります。ある程度ノミで形ができたら最後はボディのラインに合うように、細長い紙ヤスリをヒールとボディの隙間に差し込んで引っ張ってやります。こうすると(加減はいるけれど)ボディにぴったりと付くように整えられます。(専用定規を使ってサドル高を計算しながら仕込み角度を決めてあります)

            

           

          抜いた15フレットを元通りにしてから、クランピングします。そのときセンター・左右・上下の確認をします。(実はここで大変なミスを犯してしまいました。ネックの左右の振り具合の基準を「ピックガードに隙間なくぴったり合うように」としたことです。元々そう仕込んであったと思い込んでいました)

            

           

          フレットを平ヤスリで「すり合わせ」してフレットピーク(山頂)を整えて、再び三角ヤスリでピークを切り出します。その後ペーパーの番手を変えながらフレットを磨いておきます。

            

           

          12フレット以降がやや下がるようにしてあります。ここを真っ直ぐに仕上げるため”シム”を挿む方法も検討しましたが、この個体は将来再びハイフレット部が起き上がる可能性も考えられるので、あえてこのように仕上げてあります。サドル高も充分に取ってあります。

           

          完成。張りのあるサウンドが蘇りました。・・・・とここまではよかったのですが・・・依頼主にお渡しすると「1弦の位置がハイポジションになるに連れやや左寄りになって見える」との指摘が・・・・左右の振りに問題があったことが発覚!

            

           

          下のカットは、恥ずかしながら「リセット」をやり直したときのものです。1弦6弦を張って最終フレットで左右に振りの確認をしています。この時、ピックガードと指板の間にわずか隙間ができました。「思い込み」がいかに曖昧か思い知りました。申し訳ありません・・・

            

           

          こんなことは初めてでしたが、ネック仕込みの基本”センター合わせ” とともに実寸で当たることも大事だと改めて確認させてもらいました。(それにしてもお恥ずかしい話で・・・・)

           

          ヤマハのペグはオリジナル性が高いです。ゴトー社に依頼しないで自社で作っているんじゃないかと推測しています。ヤマハさんなら金属加工もお手の物かと思いまして。

            

          「ネックリセット」一部始終でした。おそまつ。

           

          --------------------------------------------------

           

          「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

           

          9notes ホームページ


          ブログ「よごれた顔でこんにちは」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売

          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
           

           FC2 Blog

                                                                                    ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

           

           

          2018.07.21 Saturday

          リペア ファイル その474

          0

            Fritz Mueller 2010  / ネックリセット・脱着式ネックのためのビス部加工

             

            バッハ協会副理事・中峰秀雄先生所有の”フリッツ・ミューラー 8弦ギター”。重低音から透き通った高音まで奏でることができるダブルトップ構造のギターです。複弦ギターを縦横無尽に弾きこなすギタリストのメインギターを調整するので、若干緊張しています。

             

            伝統的な作りとは違うアプローチのギターですが、古楽器からエレキまで幅広く楽器を扱っているのでその知識を総動員して修理に当たります。

             

            弦高が高いとのことで「リセット」することに。ボルトオン・ネックなのでビスを弛めて取るとネックを外すことができます。このケースではレイズドフィンガーボード下に1ミリ厚のマホガニー薄板を貼り付けて(3次元の面を均一に持ち上げるため細かいパーツを貼り付けました)、ネックを弦の方へ近づけることにしました。ネックの反りはロッド調整の範囲内で対処できました。ハイフレットが持ち上がってしまう「元起き」がなかったのでよかったです。

              

             

            調整はシビアです。ネックは”トーションネック”でしてローポジションに行くにしたがってプレーヤー側にねじれています。そこを考慮しながら各フレットピークを整えて行きます。平ヤスリで削ったピークを半丸ヤスリや三角ヤスリで切り出して、その後ペーパーの番手を変えながら磨いておきます。

              

             

            今回のリペア伴い改造も依頼されました。海外での演奏会に合わせて飛行機の機内持ち込みができるように「ネックを自在に取りはすせるようにできないか」と。昨今は楽器の機内持ち込み規制が厳しくなり、その結果 楽器の事故が増えています。大切な楽器を飛行機の床下の荷台に入れたくない気持ちは、よく解ります。なんとかしなくては・・・考えた末、ビス部を改造することに。

              

            ボルトオンの脱着も慣れてしまえば難しくないですが、クラシックギター演奏家の右手は”爪”が命ですので、なるべく負担のないように大きい持ち手に交換することにしました。なかなか径やピッチに合うビスとノブを探すことができず、ホームセンターに通ったり抽斗の底を漁ったりして合うものを見つけました。

             

            サイドに開いたモニターホールから棒を突っ込んでエンド部の蓋を外すとギターの内部を見ることができます。(マグネット式になっている)

              

             

            横木がファンブレーシングをまたぐような作りです。古くて新しい構造ですが、ギタートップ全体を鳴らす設計思想です。8弦なのに力木が細いですね。表板の剛性が高いのが解ります。

              

             

             

            その表板は杉の”ダブルトップ”です。指板脇までハニカムコアが入っています。「スモールマン」はサウンドホール脇は厚くして鳴らないようにしていますから、「フリッツ・ミューラー」とは設計思想が違いますね。表板全体を鳴らす構造は、”シングルトップ”でも視られます。

              

            サウンドホール下からブリッジまではハニカムコアが入ってなかった。8弦対策でしょうか?

             

            ネックも鳴らす設計で指板下を7本のトンネルが抜けています。ナットとサドルは前のリペアマンによって高く調整されていました。ここに手をつけず弦高を下げることに成功しています。

              

             

            日本人はどちらかと言うと伝統的な作りのギターを欲する傾向があると思います。ネックの仕込みも「スペイン式」か「ドイツ式」が求められ、以前は「ボルトオン」は異端児でした。それがスモールマンが世界的に脚光を浴びたりしたお陰か、「ボルトオンだと音が悪い」とかは言われなくなりましたね。

              

             

            ブリッジの弦穴は”ダブルホール”、表板に肘が触れないようにする”アームレスト”が標準装備。多弦ギターの製作はルシアーの力量が解ります。弦の張力に対するトップの剛性を見極めつつ、軽やかにトップが弦振動に連動して動くようにしないといけないからです。6弦でも難しいのに8弦ともなればなおさらです。

              

            フリッツ・ミュラーは間違いなく名工です。

             

            クラシックギター修理 インデックス http://blog.9notes.org/?eid=648

             

            -------------------------------------------

             

            「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

             

            9notes ホームページ


            ブログ「よごれた顔でこんにちは」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売

            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
             

             FC2 Blog

                                                                                      ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

             

             

             

            2018.07.17 Tuesday

            リペア ファイル その473

            0

              ヤマハ LL-35D  / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・サドル交換・リリック取り付け加工

               

              ヤマハ”L”シリーズでマーチンでいうところのDスタイルに当たるのが”LL”。このボディ厚が一番普及していますね。日本人には少し大きいと感じられるので少し小ぶりの”LJ”なんてもあります。

               

              弦高が高くなって来たので、調整にやって持ち込まれました。点検すると「元起き」しています。「ネックアイロン」で元起きを矯正してやりました(写真を撮り損ねた・・・)次に「フレットすり合わせ」をします。平ヤスリ・半丸ヤスリ・三角ヤスリを使ってフレットピークをいい状態に修正してやります。指板の端も同時に処理するので「にぎり」がスムーズになるので、プレーヤビリティが上がり好評です。

                

               

              「ネックアイロン矯正」によって”仕込み角度”が強くなり、弦高を下げながらサドル高が高くなりましたので、「サドル交換」しました。ブリッジピン穴も修正するので「サドルまでの弦の誘導溝」や 6弦・5弦の巻き弦が太くなっている部分がピンの抜き差しの邪魔になるので、そこを修正する「ピン穴のスリット加工」も施しておきます。

               

              フレットがピカピカになると”ギターに対して新鮮な気分になる”んじゃんないか と勝手に期待しますが、いかがでしょう。

                

               

              PUを搭載します。L.R.BAGGS ”Lyric”です。”Lyric”は、アウトプットジャックと一体になった”プリアンプ”と駒下に貼り付ける”Tru-Mic ”と”電池バック”とボリュームとプレゼンスの”コントロール・ボックス”から成り立っています。”Tru-Mic ”はピエゾ素子ではなくマイクで音を拾うシステムなので「エアー感」がありますね。

                

               

              サウンドホール脇にコントロール・ボックスが貼り付けられます。

               

              LLシリーズの高級機ですので、一級の材木が作られています。ローズも柾目のいいものが使われています。ヤマハさんは材料を豊富に持っている感じがします。(クラシックギターではグランドコンサート”GC”シリーズがあり、こちらでもいい材料を見ることができます)

                

               

              ヘッドデザインは「Y」を模った形(昔の先端が絞った形の「Y」ヘッドもいい)がシンプルながら普遍性があります。このヘッドに憧れたもんです。日本のフォーク/ニューミュージック・シーンの大物「さだまさし」「石川鷹彦」「南こうせつ」などヤマハを使っていましたね。それが高嶺の花でね。いつまでもイメージの中にあるのです。

               

              ------------------------------------------

               

              「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

               

              9notes ホームページ


              ブログ「よごれた顔でこんにちは」

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売

              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
               

               FC2 Blog

                                                                                        ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

               

               

              2018.07.13 Friday

              リペア ファイル その472

              0

                マーチン D-18 / ネックヒール修理・ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・駒上面削り・サドル調整

                 

                若い時はセオリー通りに修理しないと機嫌が悪くなったりして「もうリペアはヤダ!製作家になる」なんて思ったりしたものです。”不惑”の歳を過ぎたあたりからは、「それぞれ事情があるから、その中でベストを探ろう」と考えるように変わって来ました。自分の車をなじみの自動車整備屋さんに持ち込むときは「ここだけ直してね」とフトコロ事情で頼んだりしています。

                 

                弦高が高くて弾けなくなっていました。ヒール部が浮いているので本来ならば「ネックリセット」で仕込み角度を変更してやらねばなりません。しかし、ここではちょっと変則のやり方で対処することにしました。

                 

                ヒール部の隙間にクサビ状の薄板を差込みニカワで接着することに。

                  

                 

                将来「リセット」するとき、外しやすくすることも視野に入れながらの処置です。

                  

                 

                ヒール部が固まったので、アイロンで矯正します。何度も温度や角度を変えながら少しずつ矯正してやります。「く」の字になっていましたので「一」の字になってくれれば”おんの字”としました。

                 

                フレットも結構減っていましたが「すり合わせ」でフレットピークを修正します。

                  

                 

                「すり合わせ」してペタペタになったフレットを 三角ヤスリで端から攻めて半丸に仕上げました。ヤスリ傷はペーパーの番手を粗い♯180から細かい♯1500まで何枚も変えながら磨いて行きます。

                  

                 

                仕込み角度が不十分なので、ブリッジ(駒)側を削って下げます。これは弦高を下げるためサドルを削って下げると、ブリッジピン穴との落差がなくなってしまうときに、おこなう処置です。つまりサドルより駒の上面は低くないといけないのです。

                  

                 

                完成。変則修理でしたが何とかうまく治まってくれました。米国で入手してD-18だそうですが、国内のものとリングがちょっと違いますね。(1重目と3重目が細い黒)

                  

                 

                マーチンは修理がしやすいギターです。ニカワ接着やらラッカー塗装やらが修理に有利なのですが、各パーツの加工精度が高いのもその理由です。持っていればまた手を入れて次ぎの世代に受け継がれて行くでしょう。

                マーチンギターには老舗というだけでは説明できない、ほかにはない「付加価値」を感じますね。

                 

                関連ブログ:マーチンギター修理インデックス:http://9notes.jugem.jp/?eid=307

                ---------------------------------------------------------

                 

                「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                 

                9notes ホームページ


                ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                 

                 FC2 Blog

                                                                                          ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                 

                 

                 

                 

                2018.07.09 Monday

                リペア ファイル その471

                0

                  エピフォン Casino Coupe / スモークド乾燥処理・ブリッジ交換・アッセンブリー交換

                   

                  先回のTakamineといっしょに「スモークド乾燥」処理したエピフォン・カジノクーペ。小ぶりなカジノです。

                   

                  「スモークド乾燥」とは、ギターを煙で燻して音響効果改善を図る処理のことです。煙は熱を木材の内部まで運ぶことが知られています。そのときに木材の細胞になるリグニン・セルロース・ヘミセルロースの構造に変化が起り、音伝導率がアップし、剛性もアップすると考えています。(実際に科学的なデータを取っていませんが、効率的な乾燥方法として古くから行われた技術です。それを自作の窯で実験を繰り返し、その効果に確信を得ました)

                  「スモークド乾燥」処理の効果として「音量のアップ」「反応速度が早くなる」「サスティーンが長くなる」などがあります。

                   

                  30時間強「スモーク」したエピフォンカジノクーペ、全体にヤニが付着しています。それをエチルアルコールで拭き取ります。その後、バフで磨いて仕上げてます。

                    

                   

                  ”チューンーO−マティック”ブリッジが装着されていましたが、オクターブチューニング幅が狭いため、もっと正確にチューニングできる”ナッシュビル・タイプ”のブリッジに付け替えました。ブリッジピンの径が違うため一端穴埋めしてから、穴を開け直しました。(ブリッジ下も中空でした。センターブロック付きよりもホローボディ率が高い楽器です)

                    

                   

                  おそらく韓国製だと思われるアッセンブリ一式を米国製のものに交換しました。(CTS製のポット・スイッチクラフト社製のトグルスイッチ・同社アウトプットジャック・オレンジドロップコンデンサー・ベルデン社製配線材)

                    

                   

                  弦はトマスティックのジャズギター用のフラットワウンドを張りました。ブランコテールピースなのでサスティーンは短め、これがジャズには合いますね。

                    

                   

                  交換した”ナッシュビルタイプ”のブリッジ。サドルの可変範囲が広いのが特徴です。いろんな弦に対応できますね。(ジャズ弦の3弦は単線でない)ピックアップはドッグイヤータイプのP-90が載っています。ニッケルシルバーカバーは外来ノイズにも強いです。

                    

                   

                  ヘッドは面長のタイプ。カジノのヘッドはこれじゃなきゃ。クーペはカジノより一回り小さいので取り回しが、エレキとほとんど変わりません。扱いやすくていい感じです。軽いし。

                    

                   

                  出音は、オリジナルよりワンランクもツーランクもアップしています。生音も大きくなっています。上位モデル”エリーティスト・カジノ”にも負けないですよ。アンプを通してフロントを鳴らせばもうそれはアーチトップの音です。これはいいです。

                   

                  ---------------------------------------------------

                   

                  「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                   

                  9notes ホームページ


                  ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                  にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                   

                   FC2 Blog

                                                                                            ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                   

                  2018.07.05 Thursday

                  リペア ファイル その470

                  0

                    タカミネ / スモークド乾燥処理・フレットすり合わせ・ブリッジ裏補強(弦アース加工)・PU取り付け

                     

                    持参された2本の楽器をいっしょに「スモークド乾燥」処理をしました。その上でそれぞれ調整・リペア・改造を施しました。このタカミネはJapan製ではないですが、依頼主がずっと気に入って使ってくれていました。少々トップに膨らみが出ていましたので、そこも修正しました。

                     

                    30時間以上「スモーク窯(かま)」で薫煙してあります。仕組みは「スモークドチーズ」を作るのと同じようなものですが、楽器全体に煙が回るように位置や向きを変えながら行っています。そのため結構大きな窯が必要です。その中でニカワが溶けない程度に温度を上げて煙の量と熱量を調節しながら、薪をくべて火加減しています。

                      

                    うっすらヤニがボディに付着するのでエチルアルコールで拭き取り、そのあとバフで磨いて仕上げます。

                     

                    ブリッジの後ろやや膨らんでいます。それほど顕著でないので「トップ矯正」は行わず、ブリッジ裏のプレート部を補強しながら弦のボールエンドの位置を下げて、サドルに掛かる力を増やそうと考えました。同時に「弦アース」も取っておきます。

                      

                     

                    エレアコ化するためにLR baggsの「LYRIC」を取り付けることに。このときにブリッジプレートに付けた弦アースをプリアンプに繋ぎノイズ対策をしました。

                      

                     

                    使いこんであるのでフレットも磨耗しています。指板の狂いは出ていないので、フレットピークを低いフレットに合わせて削って行きます。轍(わだち)の底まで削りますのでフレットは台形になっています。それを三角ヤスリを使って、再び山頂のあるフレットに削り出します。

                      

                     

                    その後、ヤスリ傷を各種ペーパーを使って消しながらピカピカになるまで磨いておきます。

                     

                    「タカミネ」のドングリ頭のヘッドではなく、マーチンに似せたロゴとヘッド。一時、ギブソンとマーチンのヘッドを足して2で割ったようなヘッドをタカミネが採用していた時期(イーグルスが使っていた)がありますが、それとも違いますね。ドレットノートにカッタウエイは現在も定番。

                      

                     

                    ピックガードはマーチンのそれより少し角ばっています。

                    出音はスモークド効果で音量があり反応が早くなったとコメントを頂きました。特筆ものはそのノイズの少なさでエレアコに弦アースの効果は大です。エレキでは当たり前なんですけど、エレアコではまだまだ少数派です。

                     

                    次回はもう一本の「スモークド乾燥」処理したギターのリポートです。

                     

                    ----------------------------------------------------

                     

                    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                     

                    9notes ホームページ


                    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                     

                     FC2 Blog

                                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                     

                    2018.07.01 Sunday

                    リペア ファイル その469

                    0

                      Mntthins  Dammann 2012 /  各種調整

                       

                      マティアス・ダマン Ceder Top(杉)を調整したおり、隅々まで観察したのでそのリポートをさせてもらいます(持ち主に承諾を得ています)。ダマンは世界ではじめて”ダブルトップ”のクラシックギターを完成させました(ゲルノット・ワグナーの協力による)。ダブルトップとは、表板の中にNomexハニカムコアがサンドイッチされていて強くて軽い表板材のことです。

                       

                      剛性と軽さを合わせ持つトップは、音量のアップ、反応速度のアップ、遠達性のアップ、ダイナミックスレンジの広さアップを実現させました。これらは現代的な演奏に求められるものでしたので、瞬く間に世界の一流クラシックギター演奏家に支持されることになります。

                        

                       

                      また演奏性もアップされています。レイズドフィンガーボードもそのひとつであります。ハイポジションでの演奏性がよくなりました。また表板に対しての進入角度の変化が弦振動ロスを減らす効果もあり音量・音質がアップされることにもなりました。

                        

                      フレットは背の高いジャンボフレットが使われています。これによりフィンガリングが楽になり早いパッセージに対応しやすくなります。また音の立ち上がりがよくなりました。

                       

                      ヘッドのジョイントは、ハウザーなどに見られる伝統的な”継ぎ”が施されて高い木工技術を誇っています。外部・内部とも1級の技術で完成させていて優れた工芸品でもあります。ネックヒールは一本竿で継ぎなし。深くえぐれているので操作性も高いでしょう。

                        

                       

                      ヘッドのスリットはナット側で四角く深いため弦が当たることはありません。シャーラーの最高峰の糸巻き。軸受けにはベアリングが採用されています。

                        

                       

                      特筆すべきは表板です。下から強めのライトを当てると透けて見えます。私が多く扱う中国人製作家”クォーユロン”のものより粗めのNomexコアが採用されています。力木が当たる部分は元の材がザクられず残されている?

                        

                       

                      駒下に縦目に対して直角に取り付ける力木はなく、代わりに高音側にパッチが2枚、低音側にバーが取り付けられています。力木はサウンドホール下からエンドに向かって垂直方向に対して少し斜めに3本平行に並んで取る付けられています。こんな力木の構造は初めて見ました。

                        

                       

                      スペイン式のネックジョイントではなくドイツ式だと思いますが、そのネックブロックの形はこんな船の先端のような形になっています(理由はなんだろう)。またトップとサイドを繋ぐラインニング/ペオネスにはバルサ材の太くて広めのものが貼り付けられていました(表板の振動面積が狭くなるのになんでだろう。強度の問題か?)

                        

                       

                      力木は細くて背の低いものでした。サイドはローズ/シープレスの合わせが採用されています(ラミレスみたいだな)。

                        

                       

                      ブリッジの弦穴はダブルホール。口輪飾り(ロゼット)は細い色違い板材を何重も巻いただけのシンプルなものでした。高い技術と最新理論に裏打ちされたダマンは、演奏家だけでなく職人をも魅了します。

                      日本国内ではまだまだ普及率が低い”ダブルトップ”ですが、真空管がトランジスタに置き換えられていったように、後10年でその勢力分布に変化がおこるだろうと私は考えています。

                       

                      クラシックギター修理 インデックス http://blog.9notes.org/?eid=648

                       

                      -------------------------------------------------------

                       

                      「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                       

                      9notes ホームページ


                      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                       

                       FC2 Blog

                                                                                                ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM