<< リペア ファイル その643 | main | リペア ファイル その645 >>
2020.04.01 Wednesday

リペア ファイル その644

0

    Yokoyama Guitars AR / フレットすり合わせ

     

    ”ヨコヤマギター”のカマティロのサイド&バックにジャーマンスプルーストップ仕様。

    欧州唐檜(トウヒ)は”色白”どすえ。(トウヒ=松科トウヒ属/スプルース) カマティロはメキシカン・キングウッドとも呼ばれているようです。(バイオレットウッドとも)

     

    一部フレット浮きがあったので、フレットの端をすべて叩いてから瞬間接着剤で止めてあります。フレットピークもバラつきが出ているので「フレットすり合わせ」します。平ヤスリを使いピークを整えます。

      

    半丸だった頭(ピーク)が少し平になりますので、専用ヤスリを使って再び頂点を削り出します。

     

    ヤスリで付いた細かな傷をペーパー各種を使って磨き上げていきます。

      

    金属用の磨き粉で仕上げた後、最終的にはバフで艶を出してあります。指板エンドが独特なデザインになっていますね。

     

    小さなピックガードは埋め込み式になっています。

      

    ロウアーバウツ部(下半身の一番膨らんでいるところ)のバインディングを斜めにカットしてコンター加工されアームレストになっています。

     

    バック材の中央に”サップ”が入るように木取りされています。サップは和名では、”白太(シラタ)”と呼ばれ””辺材”で動くため昔は外しましたが、最近は模様の美しさから進んで使われるようになっています。

      

    バックは4ピースで構成されています。

     

    ヘッドにも”サップ”が入ったデザイン。

      

    竿(ネック)は継ぎ目のない一本竿で、ヒール部にもひと工夫してあります。

     

    LRバックス社のマグネットPU”M80”が後付けされていました。このPUはボタン電池の残量チェックができるので便利です。本番で電池切れとか起こるのを未然に防いでくれるから安心ですね

      

    モーリス社出身の横山氏に作るヨコヤマギターは、ハンドメイドとファクトリーメイドのいいところを取り入れた作りになっています。

     

    -----------------------------------------------

    スマートフォンでご覧の方は、

    トップページの『menu』をクリックしてください。

    ほかのページもご覧頂けます。

     

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  

    または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

    Shop:スモークド乾燥処理済み『エピフォン・テキサン』¥ 89,800

     

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

      

     FC2 Blog

     

     

    NINJA TOOLS

     

     

     

    #ギター修理#修理専門店#リペア・カスタム@9notes guitars#custom #guitar#Remodeling guiter#リペア

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM