<< リペア ファイル その532 | main | リペア ファイル その534 >>
2019.04.26 Friday

リペア ファイル その533

0

    Maruha F-120M  /  ・サドル交換(弦高調整)・ナット交換・指板・全体クリーニング・糸巻交換工賃

     

    「幻のギター」とも呼ばれている国産マルハ製のフォークタイプギター(OMサイズ)。これを当工房設立当初からお世話になっているからshopからリペアを託されました。アコギ・クラギには精通されているのでこちらも何かと勉強になっています。このマルハもそうです。

     

    糸巻(ペグ)が経年変化でガタが来ていたので、ロトマチック式のペグに交換しました。糸巻は消耗品とお考え下さい。

      

    ”Maruha ”のM字のロゴにト音記号(🎼)が入っていますね。

     

    サドルを牛骨に交換。サドル溝にピッタリに成型したらゲージで高さを決めます。ブリッジピン穴が丸く開いていただけなので、これではピンを引き抜くいですから、

      

    面をとっておきます(1〜3弦まで面取ったカット)

     

    ブリッジの弦用の溝が切ってなかったので専用のブレードを使って切っています。その後、低くなったサドルまで弦の誘導溝をブリッジ上面にトリマーで加工しておきます。

      

    このような作業でサドルへテンションが掛けることができるようになります。

     

    ナットも牛骨で新調。依頼主によるとマルハのギターは0フレット仕様が定番なので、それがないこの楽器は珍しいとのこと。

      

     

    全体をクリーニングして小ぎれいになりました。ネックの状態が良い個体でしたのでストレスなしに演奏に入っていけます。古い日本製のギターは『弦高が高い』ことが多いので、ネックの”順反り”がひどくない楽器は再生の可能性が大です。(費用があまりかからないという点で)

      

     

    その出音は乾いて軽やかで演奏が楽しくなるものでした。「名器」と呼ばれるメーカー・銘柄でも”手を入れてなんぼ”です。あなたの周りにある「名器」をメンテナンスとリペアで復活させてください。その音にきっと驚かれますよ。

     

    ----------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp 

    または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM