<< リペア ファイル その524 | main | リペア ファイル その526 >>
2019.03.20 Wednesday

リペア ファイル その525

0

    カマカ K100 /  ネック外れ・フレット再打ち込み

     

    ウクレレといえばハワイです。カマカ・コアロハ・Gストリングス・コアロハはハワイ製のウクレレメーカーとして定評があります。この個体はKAMAKA製で杢なしコアでできていました。

      

     

    持ち込まれたときは、ネックがユルユルで12フレットが抜け落ちていました。

     

    すぐにネックが外れてしまいました。なんと丸ダボ1本でジョイントされていました。これでは抜けてしまうのも無理ありません。ジョインとするヒール接合面を修正してから、サイジング(接着性がよくなるように接着剤で導管をあらかじめ固めておくこと)しておき、改めてエポキシ系接着剤を使いポニークランプで圧着しました。

      

     

    つぎにダボをもう一本打ち込む準備をします。ロングドリルでヒールに斜めに下穴を開けてからローズ製の丸棒を叩き込みました。

      

     

    ヒールに馴染むようにカットしました。これでネック強度が出たと思います。

      

     

    抜け落ちた12Fにフレットを入れる準備をします。指板にフレットタングより少々きつめの溝を切ってから、フレットを打ち込みました。

      

     

    フレットはマンドリンやウクレレに使う一番細いものを使用します。

    修理完成!

     

    使い込まれたウクレレでしたので、出音はとてもこなれた角のない音色で優しい音です。マホガニーよりは音の輪郭がはっきりしている印象です。杢がないコアでもきちんとコアの音がしますよ。

     

    ----------------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

    NINJA TOOLS

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM