<< リペア ファイル その521 | main | リペア ファイル その523 >>
2019.03.03 Sunday

リペア ファイル その522

0

    ギブソン LG-1 / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・ピックガード張り直し

     

    かわいいギブソンLG-1。デリケートなお嬢様です(年齢的にはお年寄りですが、そうは言いません)。弦張りっぱなしでしばらくケースで「眠れる森の美女」状態で弦高がやや高くなってしまいました。

    ネックヒーター(アイロン)で矯正します。

     

    フレットの頂点(ピーク)がヒーターによって変化しますので、「フレットすり合わせ」を行い頂点(ピーク)が揃うように平ヤスリを使って削り込みをします。

     

    頂点(ピーク)が平ヤスリによって「やや台形」になりますので、再び頂点(ピーク)が出るように半丸ヤスリや三角ヤスリを使ってフレットの側面を削って、台形か丸型になるように成型します。

    その際にヤスリ傷がフレットに残るため、その後はペーパーを使ってその傷がきれいになくなるように、ペーパーの番手を粗目のものから細かいものに変えながら磨く作業に入ります。最終的には金属研磨剤やバフで仕上げ、見違えるようなピカピカにします。同時に指板もクリーニングしてあります。

     

    フレットがやや低くなった分、ナット溝の高さも調整しておきます。

     

    完成間際にピックガードが”ゆるゆる”になっているのを確認。少し動かすと外れてしまいました。厚めのセル製のピックガードが経年変化で動いてボディとの間に隙間ができたようです。ピックガード用の両面テープをPG裏に張り付け、再び貼り付けておきました。

    高齢のお嬢様ゆえ扱いには注意が必要ですが、その音色は控えめながら真のあるサウンドで”キャピキャピギャル”(古い)には出せない音です。楽器は高齢になるにしたがって澄んだ音がしますね(解析すると、耳障りな倍音が減少するためです)。歳を重ねて美しくなるわけです。

     

    ギブソンギター修理 インデックス http://9notes.jugem.jp/?eid=631

     

    ------------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」 

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分 

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 
      

     FC2 Blog

     

    NINJA TOOLS

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM