<< リペア ファイル その510 | main | リペア ファイル その512 >>
2019.01.16 Wednesday

リペア ファイル その511

0

    Greco M-180 ・12弦アコースティック /  6弦ギターへ改造

     

    蔵の中で眠っていたという古い12弦ギター。グレコのロゴも相当珍しいモノではないでしょうか?少なくとも私はこの字体のは見たことがないです。古いわりにはコンディションもよいギターですが、しばらくギター演奏から遠ざかっていられた持ち主は12弦ギターを弾くイメージが湧かないご様子。そこで演奏しやすい6弦ギターへの改造を提案しました。

     

    丸っこいロゴの”Greco”。 ギブソン型のヘッドに12個のペグが付いていましたが、不具合のペグもあるため いいものを選び6個ペグをつけ直しました。

      

     

    なるべく手を掛けないように(コストを抑えるため)既存のナットに新たな6弦用の溝を切り直します。(ピッチを計測してそのまま古い溝を再利用しているのもあります)

      

     

    駒側も12弦用に合わせた割り振りがしてありますから、6弦用のピッチに合わせてサドルに弦溝を入れてやります。また弦高を下げるためにサドルを削ってあります。そのため低くなったサドルのブリッジピンからの立ち上がり角度が不足するため、サドルへの弦の誘導溝をピッチに合わせてブリッジ本体に切り込み、立ち上がり角度を稼いております。

      

     

    6弦用にはヘッドが大きいのはしかたがありません。口輪(ロゼット)は独特ですね。

      

     

    ネックはギブソン風、ボディはマーチン風、ロゼットはオリジナル、それを上手く(?)まとめているところが面白いです。たぶん60年代製のグレコアコギだと思いますが、米国製のアコギの模倣をしつつオリジナル性も模索していたんでしょう。振り返って見てみると当時の苦労が垣間見えます。

      

    現代の音楽シーンでは12弦のアコギを使うことがほとんどなくなり12弦ギターの市場の評価は非常に低いです。しかしながらこうやって12弦を6弦に改造することによって”鳴るギター”を復活させることも可能です。いいギターを眠らせておく手はないです。

     

    ---------------------------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM