<< リペア ファイル その503 | main | リペア ファイル その505 >>
2018.12.10 Monday

リペア ファイル その504

0

    ヤマハ L−10 /  バインディング剥がれ・ロッド調整・サドル調整

     

    未だ中古市場でも人気の高いYAMAHA L-10。ジャパンビンテージに呼ぶにふさわしいギターです。トップ/エゾ松単板 ・バック&サイド/パリサンドル単板仕様ですね。きれいな個体です。

     

    指板のバインディングが剥がれています。これを安直に瞬間接着剤(アロン)でくっ付けると、アロンが飛び出してネックがくちゃくちゃになってしまいます。難しい作業でないですがプロに任せた方がいいでしょう。アロンはきれいに駆除できないので。私はエポキシ系の接着剤で修理します。セル用の接着剤もありなんですが、有機溶剤が強すぎてバインディングが縮むことをメーカー勤務時に聞いておりますので、めったに使いません。

      

     

    ナットの底をクリーニングしてからナットも接着。こちらはアロンを少々使います。理由はナットは交換することがありますので、軽く付けるのが基本だからです。ときどきしっかりくっ付けてあるナットに出会いますが、リペアマン泣かせです。

      

     

    弦高を適正(12Fで1弦2ミリ6弦2.5ミリ)にするために「ロッド調整」してから「サドル調整」します。ロッドを回すときは必ず弦を弛めてから行ってください。弦を張ったまま締めると木部に食い込んでロッドの効きがだんだん悪くなってきます。またロッドは一度弛める方向(左巻き)に少し動かしてから締める方向(右巻き)に動かして調整してください。ロッドが錆びていたり、回りきっていたりすることもあるので、一度弛めてから再度締める方が「ロッド切れ」が起こりにくいからです。

      

     

    ポジションマーク/インレイはスノーフレイク・タイプですね。マーチンと少し違うところがミソです。

      

     

    ヤマハのフラッグシップモデル(最上級機)である”Lシリーズ”は現在『LL・LS・LJ』とあり、これは『LL』にあたります。いわゆるドレットノートタイプですね。一番音量があり低音から高音まで鳴らすことができます。一見ゴージャスなサウンドを想像しますが、そこはヤマハさん実に繊細な音色をかもし出すので、マーチンとは住み分けされてたしかなポジションを得ています。

      

     

     

    -----------------------------------------

    お問い合わせ は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    スモークド乾燥処理済み『 ギブソン J-45 ・Remodeling』の販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM