<< リペア ファイル その166 | main | リペア ファイル その168 >>
2015.07.18 Saturday

リペア ファイル その167

0
    ヤマハ  MG / フレット擦り合わせ・ポット交換・配線やり直し・全体クリーニング

    ブルーサンバーストの鮮やかなギターです。私等世代(50代)には懐かしいです。「爆風スランプ」の”パッパラー河合”氏も弾いていましたね。24フレット仕様で3PU・1Vと個性があり、6連ペグ仕様ですがヘッドアングル(角度)が付いている設計です。


    配線やり直しするので一度全体をバラします。その時にバフ掛けして全体をクリーニングしました。


    フレットがずい分磨り減っていましたので、フレットを擦り合わせしました。油目の平ヤスリを使ってフレットの一番凹部まで削り落としつつ、フレット全体の平面性を整える作業をします。それを終えるとフレットの形が台形になってしまうので、再びフレット山(ピーク)を専用ヤスリで削り出します。その後ペーパーの番手を次々と代えて、最終的にはフレットをピカピカに磨き上げます。
      

    ボリュームポットと5WAYスイッチを交換します。配線はすごくシンプルですが、キャビティが狭いのでPUコードを適度に整理しながらまとめて行きます。


    ヤマハのハンバッカーPUは、高さ調整用のネジが3個付いています。ギブソンのHMのネジが2個なので、大方はこの方式が使われていますが、3個ですと弦に対して平行に角度を調整できるのですぐれたアイデアです。またPUを固定するにも3点で支持しているので揺れに強くなります。

    眩しい青色は夏によく似合います。実際、青系カラーのギターは夏に販売を延ばすそうです。涼しげですものね。(因みに冬は赤系が売れるそうです)

    ---------------------------------------------------------
    Please click
    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    Shop「アーム付きアコギ/9notes カスタム・ゼロワン」販売中

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

    Shop「耳付き」テレキャス・ボディ材 販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
     FC2 Blog

                                   ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で20分
     
     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM