<< インフォーメーション | main | 3.11以降のYMO >>
2012.02.07 Tuesday

カスタムゼロワンのセットアップ

0

     
    ギターのセットアップについて。このところアコギにシンクロナイズド・トレモロ・ブリッジを載せる改造「カスタム・ゼロワン」のセット・アップに係りきりでした。


    ストラトキャスターに装着されているシンクロナイズド・ユニットですが、アコギに載せるとソリッドのエレキでは拾わない音までも増幅してしまいその対応が必要になるからです。


    ビビリ音や共振音などです。これには本体だけでなくネックの状態も関係します。まずフレットの状態が肝心で、必要ならすり直し作業をし、またフレットの浮きもチェック。


    ペグは、アーミングで狂うとの指摘によりロック・ペグを勧めることにしました。また新たに普通のペグでもいわゆる「マーチン巻き」と呼ばれる弦をロックする巻き方(さらに巻き数も一回)で試しています。ここでの共振もチェックします。


    ナットの状態も音に大きく関係するので、密着度、溝の形状、設置点の角度など確認しながら作業します。


    スプリングを受けるハンガーのネジをスプリングのテンションを確認しつつ、シンクロブリッジがフローティング状態になるように調節します。


    ほかには、ブリッジを本体に固定する木ネジと(カスタムゼロワンではそのうち2本を裏からも締め付ける挟む様になっています)の締め付け具合の調節もあります。


    友人の尽力で多くのプレーヤーに試奏をしてもらい、プロの方のアドバイスもいただきながら、改良を続けています。


    シビアーな調節もネットで検索して知ることができました。情報を開示してくれているので、ありがたく参考にさせてもらいました。


    楽器の本来の能力を引き出すには、調整・セットアップが不可欠です。それを専門にしている工房も存在します。


    私ももっと勉強してその能力を身につけたいですね。根気のいる仕事ですが、面白みを感じます。


    少しのことでプレイアビリティーが上がるし、音のバランス、テンション、反応が変化するのを感じます。その感じを確実にプレイヤーのニーズに添う形にできれば表現が広がることでしょう。


    「カスタムゼロワン」改良中の副産物として調整の妙を知った次第です。





    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    ギター工房9notesホームページへどうぞ

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM