<< 研ぐ | main | インフォメーション >>
2012.11.27 Tuesday

裏押し

0

    ずっと使ってなかった鉋を使おうとしたら、錆びは出てるわ、「裏切れ」はしてるわ、で「裏押し」することにしました。

    (錆びさせた鉋を見ると「すみません鉋さん」という気持ちでいっぱいになります。一旦錆が刃物に入ると、そこは侵食されているので、研いでも刃先に欠けが出てしまうのです。)

    「裏押し」は木工の基本で、それを志す人みんな、知っているものばかりと思っていたら、案外知らない人が多いので驚いています。

    自分で家を建ててしまうアマチュアの方の刃物で「裏切れ」してる鑿(のみ)を見たことや、楽器製作現場の若い人の刃物で「裏切れ」してる「はびき」を見て、技の伝承はうまくいってないなぁと感じました。

    少し前までは「技」は先輩や親方の背中を見ながら覚えたものですが、今は訓練校や教則本の解説されたものから覚えるものになっています。

    現場に徒弟制度が残っているところは、もう少ないですから仕方ないことなのでしょう。

    あまりいい手本ではありませんが、「裏押し」をアップしてみます。実は私は「裏押し」が苦手です。小僧のとき、いきなり「裏押し」を失敗し鋼(はがね)を傷つけてしまってからトラウマになってしまったのです。

    そこに数年前、「裏押し」の秘密兵器を貰い受けてから、安心の「裏押し」を手に入れました。

    「裏押し」専用機です。これで「裏切れ」している箇所を中心に「たがね」の様な先端で裏押しします。

    刃先から正確に「裏押し」できました。(普通はこれを金床と金槌の端を使ってやりますが、鉋刃を押さえる親指と人差し指の微妙な感覚で、金槌が落ちてくる深さと角度を調節します。専用機ではこれをガイドに沿わせてやればいいので安心です。)


    金盤に金剛砂をうっすら蒔いて、ちょこっと水を落とし混ぜ、鉋刃がのる幅全体に伸ばしてやります。刃物を棒で支えて力を込めて裏側を研いで行きます。最初は金剛砂の粒子が粗く抵抗が強いですが、じょじょに細かくなって研ぎやすくなって来ます。

    水気がなくなるまで研ぎますが、刃物の先端に力が掛かるようにして下さい。理想的には研ぎたい所は先端だけです。後ろにも力が掛かると、刃裏の窪んだところ(窪んでいるので裏面の平面が出やすくなっているところが、日本の道具の特徴)がヒョウタンの形になってしまいます。

    地金の裏が出ているか確認しますが、水気がなくなるまでやると裏が鏡面になります。(鏡面がベスト)少なかったらもう一度金剛砂で研ぐが「裏押し」をやり直します。

    後は、普通に砥石で刃を付けてやりますが、表面から「裏押し」してあるので少しごつごつします。以上、頑張ってください。

    (書き終えて読み直してみると、これでは初心者は解らないところだらけの文章です。写真もいいのが無いですね。すみません。教則本を見てください。)

    ------------------------------------------------------------------------

    ギター工房9notesホームページへどうぞ






    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    にほんブログ村
    ギター ブログランキングへ
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM