2017.12.31 Sunday

職人と工員 / 玄人と素人

0

    2017年もあとわずか。このブログにお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。

     

    バタバタと一年仕事ばかりの日々でしたが、仕事ができることは”うれしい”ことですし、

    そこで成長できることも”喜び”です。(ただ、仕事が”楽しい”と思ったことは一度もなく、

    ”苦しい”ことの方が多いです。仕事とはそんなものと思っていますが、性格かな?)

     

    年末に際し今年一年で感じたことを記してみます。

     

    若い職人が転職しました。高校を出て12年 楽器作りに関わり一人前の職人でした。

    油が乗り切ったときなので、なんでもこなします。いい腕でした。

     

    30歳・35歳は「転職適齢期」で、売り手市場だと言います。

    その期を逃すことはないでしょう。いい決断だと思っています。

    彼は選んだのは別の業種で安定が見込める業界でした。

     

    取引している楽器店の若い店員さんも、この業界を去っていきました。

    楽器業界は将来性が薄いのです。それは事実です。私もそれを実感しています。

     

     

    昔は「腕に職をつければ一生喰っていける」と言われたものです。

    しかし、現在は”腕”だけでは食べていけないでしょう。

     

    (「腕があるのは当たり前」という前提で話をしますと)

    昨今の職人は腕(技術)以外にも「営業」もできないといけません。

    「経理」も「企画」も「研究」も「管理」も・・・総合的な能力が求められるのです。

     

    ただ一般的には、まだまだ「職人さんは口が下手なのはしょうがないですよ。黙っていい仕事

    すれば喰えなくなることはないでしょ。そういうものなのよ」というイメージが蔓延しています。

     

    職人も飛びぬけた”腕”と”発想”を持つ者は、上の言葉とおりかも知れませんが、

    上級者の職人でもよっぽど大手の会社に属していないと全うできないでしょう。

     

     

    「職人」と「工員」の違いに関して。

    定義がある訳でもないのであくまで私の感じたことですが、

     

    メーカー勤務でひとつ・ふたつの仕事をこなすエキスパートは「工員」。

    メーカーは、「職人」を求めておらず「早く正確に数をこなせる」人間を

    各ポジションに配置して「利益」を追求し、その対価として給料をきちんと保障する。

     

    一方「職人」とは、下積みを経て仕事全体を知る機会を得た者。

    腕が付く前に「講釈をたれる」ことはご法度。封建的ですね。この時代にはマッチしません。

    収入は腕次第だが安定していない。

     

    昔は手仕事が多かったので発注する者も受ける者も生活のペースが同じで、

    その給金で世間が回っていましたが、近代は工業化したため効率重視で安価な製品が求められます。

     

    したがって「職人」は生息しづらい状況です。

    「職人」になりたいと思っても修業する機会が減っています。腕を磨くにはある程度の数をこなすことが

    必要です。「職人の親方」にそれだけの仕事がない。親方一人分の仕事が精一杯なのが現状でしょう。

     

    「職人」という言葉が美化され過ぎているんじゃないでしょうか?

    日本もドイツのように国が補償する「マイスター制度」の導入を考える時期では?

     

     

    亡くなってしまいましたが、岐阜の長良に「凄腕の素人」職人がいました。代々酒屋の家柄でそこを継ぎましたが、

    職人になるべく自力で(あるいは職人を雇って教えを乞うた)腕を身につけ「茶杓や花入れ」を作りました。

     

    骨董屋で過去の品を手に入れ使ってみて研究し、”遊びこころ”を持って自身の仕事に当たりました。

    それこそ、並の職人の作品にはない”気品”が立ち込めていて魅了されました。

     

    優れた書や陶芸を残した『本阿弥 光悦(ほんあみ こうえつ)」だって「刀の研ぎ」が本職でしたね。

    本業でなくても飛びぬけた仕事をする例は数々あるでしょう。

     

     

    昨今は専門学校が充実しているので、そこを卒業してすぐ独立する人も多いです。

    独立する人は”腕に自信がある”ので、勝負する気になるのでしょう。実際うまい人が多いですね。

     

    ただどうしても経験値が低い。親方の背中を見て育った者は、仕事を”盗み見”し自分に経験に換えていきました。

    そういう経験が薄い。それでも今はユーチューブなどで世界中の仕事を見られるので、問題ないかな。

     

    そして『工房』を開設します。しかしそこがゴールではありません。

    『工房』を続けることの方が開くことよりずっと難しいのです。

     

    木工でも楽器製作でも開設後3年で、どのくらい基盤を作れるかでその後が変わって来るでしょう。

    はじめは身内や友人が仕事をくれるのでそこで経験を積ませてもらって、

    他所からの仕事をもらえる身にならないといいけません。

     

    後はその人の運や境遇次第ですが(努力は当たり前)、お金がなくたって立派な仕事をした人はたくさんいますし、

    恵まれた境遇で優れた仕事をした人もたくさんいます。要は境遇という「枠(わく)」を嘆いても仕方ないので、

    その中で全力を出すことでしょう。

     

     

    と偉そうなことを書いてしまいました。

     

    「何を求めているか」で、その人その人で答えが違いますね。

    そこに「工員・職人/玄人・素人」の差はない、と言えます。

     

    将来性だって、ある程度は自分自身で切り拓いていけるはずです。

    そう信じています。

     

    来年がよき年となりますように。

     

    ----------------------------------------

    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2014.08.09 Saturday

    現代的なお仏壇

    0
      お盆なので、こんなものを紹介しましょう。
      現代的なお仏壇です。マンションのリビングや寝室に置くのを想定して『キャビネット型』になっています。


      欅で作ってあり、摺り漆で仕上げています。寸法は、高さ66センチ 幅57センチ 奥行き42センチです。

      扉を開けると2段の棚があり、その下に引き出し式の棚とモノをしまえる引き出しがあります。
        
      以前、家具工房を主宰していたことがあり、そのときのメイン商品です。

      私は、キリスト教カトリック信者の親の元に育ったので、仏教や仏壇とは縁のない暮らしでしたが、父が他界したおり十字架と父の写真を飾る祭壇を作りました。実家に帰ると手を合わせる対象物としての「祭壇」があるのは、何か安心が得られるものだと実感したので、その後「仏壇」や「祭壇」を作るようになりました。

      今回、商工会の木工展に出品するためひさびさに作品を表に出しましたが、欅に漆の艶が馴染んでいてきれいになっていました。我ながら、きちんと作ると価値が下がらないものだなぁ、と感じました。欅は硬い木でカンナが使えないと指物になりません。木工は手間が掛る仕事ですが、奥が深く魅力のある仕事です。


      お値段が¥45万(税別)ですが、内容的に決して高くないかと思います。

      マーチンやギブソンを所持する世代は、お墓や仏壇を考える世代にも重なっていて、リペアに見えるお客さんにたまたまお話する機会があると、興味を持たれる方がまま見えます。

      関心を持たれた方は、「9notes」へ一度お問い合わせください。パンフレット用のDMはがきがあります。

      -----------------------------------------------------------------------------
      Please click
      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

      Shop「スモークド乾燥済みS・ヤイリYTD−18N」販売中

      ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

      3周年キャンペーン実施中
      「修理代金2万円以上では、往復送料無料」


      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
       
       FC2 Blog 

       
      2013.11.23 Saturday

      帯ノコと木取り

      0
         帯ノコと木取り

        楽器を原木から作るとき、木工するとき、基本となる作業は「木取り(きどり)」です。そのときにかかせない木工機械が「帯のこぎり:帯ノコ」です。材木を製材するのにこの機会が威力を発揮します。

        楽器となる、家具となる木材は、木材市で原木や製品としてセリに掛けられます。(製品とは原木をあらかじめ挽き割って板にしたモノを差します)そこで購入した板を小割りして、自分が欲する寸法にするのが「木取り」作業です。原木であれば、どう挽くかで完成品の良し悪しが決まるので、製材の木取りに神経を使うことになります。

        大型の帯ノコです。右に見えるがレールに載る台車で、ここで原木や板を爪でホールドしてノコに当てて材を製材するのです。まるで鉄道のようです。これが製材の原型ですね。丸太を挽くのに使います。ここでは私が購入したエレキボディ材のマホガニーを指定の寸法に挽き割ってもらっています。一度GOサインを出したら後戻りできないので緊張の一瞬です。


        こちらはもう少し小さい帯ノコですが、高さが45センチまで挽き割れる機械です。帯ノコの挽き割り可能寸法は重要で、厚い板を製材・挽き割りするには、大型の機械がないとできません。レスポールの裏板30センチ幅やドレッド・ノートの表・裏板20センチ幅などが挽ける大型機械は、個人で持ち合わせていませんので、製材所にお願いして挽き割ってもらうことになります。

        楽器製作者は、あらかじめ小割りした材木を購入することが多いですが、それでは本来の木材の姿を想像することが難しいでしょう。どのような木目が欲しいのか、どのように板を挽いたら望みの板を手に入れられるのか、原木から読み取る経験が得られないからです。

        一本の丸太には「節」とか「割れ」とか「ねじれ」とか特徴があります。それを避けなが望みの木目を思い描いて丸い木から四角い板を木取るのです。

        木取り方法で「柾目」「板目」など選択します。ただし「柾目」を取るには大口径の原木が必要で、かつ材を取る効率も悪くなり、一枚の単価が高くなります。「板目」が簡単に多くの材を一本の丸太から取れる木取り方法ですね。

        木工の世界を遡ると、かつては山に入って原木を選定していました。山のどんな場所に生えている木なのかを見極めて材を得ていたのです。本来はそうであるべきでしょうが、現在は難しくなっています。山の北向き斜面の峰スジに生えている木はいい材料になりそうですね。実際、伊勢神宮に使われる木材は、そんな条件が揃ったものです。

        さて、下はウチの帯ノコ2種。

        小型の帯ノコに特注の刃物を付けて、高さ15センチまで挽けますがパワーが不足気味です。あらかじめテーブルソーで板の上下から割れ目を入れておいて、届かないところをこの機械で割るようにしています。

        こちらは、ふところが深いので板を引き回して外周を木取るときに活躍します。ふところ寸法も機械の重要なポイントですね。これは糸ノコでも言えますが、糸ノコでは厚い板を切り口を真っ直ぐに切ることは無理です。同じくジグソーもそうです。似たような道具でも用途が若干違うので、いろんな機械を保有しないと仕事ができないのが不自由ですね。やろうと思えば手作業で全部できるはずですが・・・(それでも板を挽くには大鋸がいるし、引き回し鋸もいるし、道具は必要か)

        最後に、帯ノコの注意点をひとつ。
        帯状の鋸は円を描いて回転しているので、刃の「アサリ」の左・右が円に対して内径と外径にあたりるということになります。その結果、内径と外径でスピードの違いが現れて来て、左・右切れ味が違ってくる現象が起こります。つまり真っ直ぐ切れない現象が起きてくるのです。

        刃物に対して直角に材を当てても刃と平行に切れないので、少し斜めに押すことになります。

        --------------------------------------------------

        ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

        shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」

        ギター工房9notes HPへどうぞ homeでほぼ毎日つぶやいています

          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
         
         FC2 Blog Ranking


        2013.07.28 Sunday

        「ものつくり」にものもうす

        0


          よく「ものつくり大国日本」とか「ものつくりを再び」とかのキャッチフレーズを聞くことがあるが、これって何を指しているの?と思ってしまう。


          この「ものつくり」は工業製品およびその現場を意味してると私は解釈しているけれど、ここに「ギターつくり」とか「木工」とかは含まれていないだろう。


          つまり「ものつくり」とは「車つくり」のことだと思う。またその周辺。もしくは「電化製品」の開発・製造のことだろう。


          手でつくる「ものつくり」は時代遅れの代物で、官民が声高に叫ぶ「ものつくり」と別次元の事として語られている。そう解ってしまってから、何言ってんの?って感じてしまう。


          実際「車つくり」は裾野が広く多くの仕事を生んでいる。それによってこの国の経済は左右されるていると言っていいだろう。


          車をつくるには、雛形が必要で、その雛形をつくるには機械がさらに必要で、その雛形の部品も必要だ。それで始めてスタートラインに立てる。そして車一台には無数の部品が必要であるから、その部品をつくる工場が複数なくてはならない。


          その工場の現場での「創意工夫」が品質の高い車を効率よくつくる要(かなめ)となるから、官民上げてお題目のように「ものつくりを大切にしよう」と言うのだ。


          つまりその結果「国際競争力を高めたい」のがその真意であるのであろう。


          そこから逆算してみると、日本人の「創意工夫」する意欲が低下している、と読める。そうなんだよね。仕事への意欲の低下は、生産現場で少し昔から起こっているよ。


          なぜなんだろう。


          先ほど、手でつくる「ものつくり」は論外視されてると書いたけど、ここにヒントがあるんじゃないかと私は思っている。


          工業の発展に伴い、手工から機械化が進んで生産性は抜群によくなった。モノも安く手に入るようになり、暮らしは便利になったと言えるだろう。


          でも「ものをつくる喜び」みたいな人間の原初の感動が置き去りにされたんじゃなかろうか。
          そんなもん効率化の前には前時代の感覚よ、と一蹴されてしまった感があるのだ。


          「ものをつくる喜び」は、小さな幸せかもしれないが、それがあるからこそ「創意工夫」が生まれるのじゃないか、というのが私の結論です。

          -----------------------------------------------------------------------

          ギター工房9notes HPへどうぞ(岐阜)  HOMEで「つぶやき」はじめました。


          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
           
           FC2 Blog Ranking
          2013.05.27 Monday

          テニス肘

          0


            このところずっと左肘辺りに鈍痛があり、ものを持つと痛みを感じていました。
            関節炎だと思っていますが、名称がありました。


            通称「テニス肘」正式には「上腕骨外側上顆炎」と言うそうです。


            同じ痛みを持つ元同僚が、教えてくれました。職業病ですね。ギターを片手で持てなくなったと言っていましたが、私も同じ。ギターを塗装するときギターを片手で保持できなくて困っています。買い物の荷物も、なるべく右手で持つようにしています。


            私が学ぶ漢方の世界では、現象には原因があり、病の原因を身体の場所や陰陽で分けるほか、気・血・水に食べた物の巡りを加えた4つの分類から、病の原因と場所を割り出すことができます。


            たとえば関節炎は、水の流れが滞って原因を作っていることもあるようです。もちろんその部を酷使すれば故障するのですが、遠因として気・血・水・食が影響を及ぼしていることがあるのですね。


            また、これは年齢によって故障が発生した、とも言えます。疲労や原因となる停滞がそこに積み重なって、中年期に現れるのです。「テニス肘」は40代から50代に多く見られるそうです。


            眼も老眼が進行してきました。定規のメモリが読みにくく難儀します。普段、新聞読んだりパソコン使ったりするのは、プラス1.0の度で、仕事で細かいメモリを読む時は、プラス2.0度を使っています。(ときにそれに虫眼鏡も加えたり)


            ナット溝を切る、フレット打ち込む、など精度の高い仕事は、眼鏡をとっかえひっかえしながらやっています。


            体力も落ちて来ていますので、機械の連続加工は疲れますね。


            そうやって考えると木工で油の乗った仕事ができるのは、30代から40代かと思います。
            昔は親方になる50代以上の仕事は、「墨付け」や「木取り」仕事のほか「監督」でしたね。


            「墨付け」とは、設計すること、材料の加工ラインを決定すること、です。設計に沿って材木に墨壺から張った糸でラインを書きつけて行きます。適材適所に材木を配置することを緻密に計算しながら、全体を見渡すことができる力量が求められます。


            「木取り」は、材料を墨に沿って実際に割ったり、長さを切ったりします。木材は、長さを決めてカットしたら、もう繋げませんので重要な仕事です。木取ったら、もっと細かな「加工」に入って行きます。


            木の癖を読み取り、それを有効に使う、年季がいってできる仕事なので、年長者の仕事だったのですね。体力よりも経験や勘がものをいいます。


            まぁ、それはある程度の集団や組織の仕事の仕組みで、個人は何でもやらないといけませんし、ファクトリーでは管理職がそれを担うことになるでしょう。


            「テニス肘」になっても、仕方がない 、と仕事せなばなりません。


            しかしながら、テニスをやってそうなった訳ではないので、せめて好きなサッカーがらみで「サッカー肘」としたいところですが・・・サッカーは手は使わないからそりゃダメか。


            「ギター肘」って言いたいですね。

            ---------------------------------------------------------------------
            ギター工房9notes HPへどうぞ(岐阜)



            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
             
             FC2 Blog Ranking
            2013.05.09 Thursday

            職人気質

            0

               


              創業家の跡取り息子が大学卒業後、数年間 外のメシを食ってから親の会社に戻って来るケースはよくある話ですが、雑誌で読んだ大手家具メーカーの跡継ぎもそれでした。


              金融畑出身だったので、会社の経理を見直し、無駄や経費削減を大胆に慣行したそうです。


              そのうち社内を見回ると、生産現場の職人さんのモチベーションが落ちているのに気づきます。


              効率重視で、職人気質の「こだわり」を許す空気がなくなっていたから なのでしょう。


              そこで若い経営者は、その「こだわり」こそ我社の強みであることを、再認識し、職人とともに新しい企画を立ち上げて行くのでした。


              職人は生きづらい世の中です。生産効率が最優先で、創意工夫する「ゆとり」が失われています。
              いい意味でも悪い意味でも、職人は「お金じゃないぜ」と「いい仕事」に対するプライドがありました。
              (職人の賃金は30年以上変化ありません。)


              しかし、いくらプライド高くとも東南アジアの国々との安さ競争に勝ち目はありませんよね。(世間や経営陣は、プライドだけを職人に押し付けようとしますが、モチベーション維持は不可能で、「効率化」に職人が敗北しているのが現実でしょう。)


              これでは、職人は消え行くばかりです。ここはドイツやフランスのように職人の仕事や身分を、社会的に認知し守っていく国政として、考えてもらう時期に日本も来ていると 感じます。


              スイスの超高級機械式時計が売れているそうです。職人仕事が芸術に昇華しました。デザインもさることながら、職人技術を高めるモチベーションを、国も企業も理解しているから結果が出ているのでしょう。


              伊勢神宮の式年遷宮に全国から腕利きの職人が集まっていると聞きます。その中に志願した若い職人もおおぜい含まれているそうです。


              お金じゃないくて「いい仕事」がしたいと集まる人がいるうちに、次の作を練るべきです。

              ---------------------------------------------------------------------------

              ギター工房9notes HPへどうぞ(岐阜)


              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
               
               FC2 Blog Ranking
              2013.04.16 Tuesday

              高松とジョージ・ナカシマ

              0

                 


                自ら「うどん県」と名乗りインパクトあった香川県。うどんの讃岐だけでないぞ、と高松の工芸について記します。


                最近、高松で開催されている「瀬戸内生活工芸祭」。2012年は、実力派「器」作家5名が集合して豪勢な布陣でした。(赤木明登、辻和美、内田鋼一、安藤雅信、三谷龍二ら売れっ子ばっかり。彼らがこの工芸祭に力を入れているのが解る。)


                でも私にとっては、高松は「ジョージ・ナカシマ」のライセンス家具を製作している「桜製作所」がある場所、とのイメージが強いです。


                (もうひとつは、イサム・ノグチのアトリエがあったところ、です。)


                現在、木工を本科とする人にとって、直接的であれ間接的であれ 大きな影響を与えた人物は「黒田辰秋」と「ジョージ・ナカシマ」であると思います。


                黒田辰秋氏は以前少し書いたhttp://www.takamineguitars.co.jp/blog/2010/06/9.html
                ので、もう一人の雄「ジョージナカシマ」を高松がらみで紹介すると、日系2世であるジョージは、米国内で建築・木工家具の製作で揺るぎのない地位を築きました。


                米国でそれを成すのは、本当に実力があってのことで偉業と呼べます。


                彼の家具のデザインは、革新的でありました。それまで使われることが無かった「木の皮」を残した大胆なフォルムのテーブルやベンチを作成したのです。今となっては、普通の見かける「木の皮」とか「木の耳」を残す「自然な形」のテーブルは、彼が最初に道をつけたのでした。


                板に挽いた「ブラック・ウォールナット」の自然な形を損なわず、かつ優美に洗練されたデザインにまとめた彼の作品は秀作揃いで、そのデザインを受け継いだのが「永見眞一」率いる「桜製作所」です。


                それがあるのが高松ですが、歴史を少し辿ると ここにかつて気鋭の製作者・職人が集い「讃岐民具連」を結成し、高らかに名乗った地でもあります。ジョージもそれに賛同して、これに参加しています。


                イサム・ノグチやジョージ・ナカシマをここに連れて来たのは、この地にアトリエを構える彫刻家「流政之 」で、石の彫刻家です。そうです高松では、いい石材が取れるのです。


                石の彫刻や木の家具には、職人仕事がつきものですよね。彼らが結成した「讃岐民具連」は、古くから伝承された民具を、今に再生しようとする運動を独自に展開したのでした。これは明らかに「柳宗悦」率いる「民藝運動」に対抗したものだと解ります。


                柳の活動は、東京を中心に展開していたのに対し、高松でこれが起こったところに讃岐の人たちの骨太の気質が感じられますね。


                ジョージ・ナカシマは、英語表記の「ミングレン・シリーズ」の作品を発表していて、その名をインターナショナルなものにした かと思います。私は、この「ミングレン・シリーズ」を先に知っていて、後でそれが日本語の「民具連」だと知った口です。


                「桜製作所」は銀座にお店を出しましたね。ついに讃岐の民が本丸に乗り込む気か?

                -----------------------------------------------------------------------------

                ギター工房9notes HPへどうぞ(岐阜)


                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                 
                 FC2 Blog Ranking
                2013.03.26 Tuesday

                「欅」好き

                0



                  日銀総裁が交代する一連の騒動。「アベノミクス」について云々言いたいところを、ぐっと抑えて「日銀」のワンシーンから連想したことを記します。


                  日本銀行の会見用の部屋なのでしょうか?

                  その部屋の壁一面に「欅」の付き板が貼り付けられています。「付き板」とは材木を薄くスライスして合板に張った板のことですが、退任した総裁のバックに欅の「中杢」がテレビ画面いっぱいに映っていました。


                  「中杢」も説明しないといけませんね。木目が中央から左右に楕円形に広がっている姿をそう指します。この「中杢」はいい杢目の基本中の基本です。


                  そんなイメージで日銀の会見室をご覧ください。見事な杢目が画面いっぱいに観られるでしょう?(この騒動ももう終わってしまったんでしょうか。たぶん近いうちに次の総裁が、言い訳してる画がテレビから流れると思います。)


                  日本人は「欅の杢」が好きだったです。奈良正倉院の最古の家具も欅の玉杢でできていますし、お寺やお城の正門にお扉には、ピカ一の杢の入った大判の欅板が使われていました。


                  その流れでしょうね。日本の権威・日本銀行でも、スライスされたといえども「欅」板が使われている訳は。


                  私も欅好きです。欅が材木の中で一番好きです。
                  特にそれに漆を吸わせて艶を出した「拭き漆」仕上げは、抜群だと思っています。


                  杢目の種類は「中杢」から始まって、鱗のような「如麟杢(じょりんもく)」、葡萄の実のような「葡萄杢(ぶどうもく)」、それに丸い玉が浮き上がって見える「玉杢」などなどあります。特別杢が無くても赤味を帯びたその木肌と匂いはいいですよ。カンナを掛けたときに発するその匂いが、独特でなぜか安心感を与えてくれるのです。


                  「広葉樹の王様と称せられるほど、威厳があり存在感がある木材ですね。


                  私も長年、こつ」こつと集めて来て結構ストックがあるのですが、今度はそれを生かす仕事が無くなってしまいました。欅の良さが解る世代は中高年でして、すでに色々お持ちゆえ新規に購入する気が薄い、若い人には人気がなく、女の人には「重い」と言われるようになってしまったのです。


                  そこでこれをギターに使えないかと考えています。アコースティックギターのサイド・バックに充分使えるはずです。最近、外材のベリーとかゼブラウッドとか原木を挽き割ったりしましたが、油分はたしかに多い特徴はありますが、比重やらタッピングしたときの音の伝達具合だとか、欅のある部分と似ていることを発見しました。


                  欅材と言っても、千差万別で、出身地・木齢・山の生えていた場所(南北・尾根側/沢側)あるいは平野のどの辺り、日当たり具合によっても大きな違いがあります。また一本の樹の何番目に玉切りされた部分かによって質が違います。


                  うまく木取ればローズウッドやココボロに似た性質の材も欅から取れるんじゃないかと思うほどです。
                  欅の赤味は耐久性もいいですし、比重・強度など楽器材に適した良好な数字です。硬質な板は高音の倍音も含んでいます。和太鼓の胴は欅のくり貫き材でしたよね。


                  外材を有難がるのもいい加減にして、国産材をもっと活用してもいいと思います。

                  -----------------------------------------------------------------------

                  ギター工房9notes hpへどうぞ(岐阜)


                  にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                   
                   FC2 Blog Ranking
                  2013.02.08 Friday

                  木工について

                  0



                     木工について


                    私はギター製作以外にも木工・家具の製作もやるので、しばし木工について考えてみます。


                    木工に興味のある若い人や団塊の世代はたくさんいっらしゃり、木工の専門学校や職業訓練校は大流行だと聞きます。


                    一方、それを受け入れる場所は、どんどん減っていて”腕”を鍛えるところが少ないのが現状でしょう。


                    私の知人・友人も数名それらの学校に「失業保険」を数ヶ月から1年貰いながら通っていました。しかし残念ながら現在彼らは木工を職業としていません。条件の合う雇ってくれる所が見つからなかったのです。


                    木工でなくとも職人仕事は、ある程度の見習い期間が必要になります。


                    昔は、不器用なヤツほどものになる、と言われたそうで、辛い修行期間を耐えながら終えたものは、職人として認められ仕事が保障されたと思います。


                    今は、雇う側にその忍耐・体力がないのが現実です。一方、見習い修行中の者も「辛抱がない」との話も親方からよく聞くセリフです。仕事を見て盗むなど知らない世代ですから、教えてもらってないことは「知りません〜」の一言でお終い。


                    世の中が工業化し大量生産・低価格路線を歩んでいますので、安さを求めて仕事はアジア各国に流れて行く構造です。職人仕事は時代遅れという訳です。


                    でもねぇ。木工に関して言えば、「木が好き」な人は、この「木工」にこだわるのですよ。

                    味のある「材木」(=木が好き)を見ると触手が動き、なにかコレを使って「ものになるもの」をこしらえたい、と思ってしまう人種があるのです。


                    天然・自然が作る木目や形は、何とも言えず美しい。それを例えば家具・例えばギターとして身近に置きたい衝動に人は駆られるのだと思います。


                    そこで作り手が、それを最大限生かして「形」にする。そこが木工で生きる生命線じゃないか、と考えています。


                    締めくくり。この「形」が重要。「形」には寿命があり、主張があります。そこを製作者が引き出さないと、ただの箱であり物置になり下がってしまいます。


                    そこを見極める「センス」を磨く作業を製作者/職人は、怠っててはいけません。
                    自戒を込めて・・・

                    -------------------------------------------------------------------------------

                    ギタ-リペア9notesホームページへどうぞ

                    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                     
                    2012.11.27 Tuesday

                    裏押し

                    0

                      ずっと使ってなかった鉋を使おうとしたら、錆びは出てるわ、「裏切れ」はしてるわ、で「裏押し」することにしました。

                      (錆びさせた鉋を見ると「すみません鉋さん」という気持ちでいっぱいになります。一旦錆が刃物に入ると、そこは侵食されているので、研いでも刃先に欠けが出てしまうのです。)

                      「裏押し」は木工の基本で、それを志す人みんな、知っているものばかりと思っていたら、案外知らない人が多いので驚いています。

                      自分で家を建ててしまうアマチュアの方の刃物で「裏切れ」してる鑿(のみ)を見たことや、楽器製作現場の若い人の刃物で「裏切れ」してる「はびき」を見て、技の伝承はうまくいってないなぁと感じました。

                      少し前までは「技」は先輩や親方の背中を見ながら覚えたものですが、今は訓練校や教則本の解説されたものから覚えるものになっています。

                      現場に徒弟制度が残っているところは、もう少ないですから仕方ないことなのでしょう。

                      あまりいい手本ではありませんが、「裏押し」をアップしてみます。実は私は「裏押し」が苦手です。小僧のとき、いきなり「裏押し」を失敗し鋼(はがね)を傷つけてしまってからトラウマになってしまったのです。

                      そこに数年前、「裏押し」の秘密兵器を貰い受けてから、安心の「裏押し」を手に入れました。

                      「裏押し」専用機です。これで「裏切れ」している箇所を中心に「たがね」の様な先端で裏押しします。

                      刃先から正確に「裏押し」できました。(普通はこれを金床と金槌の端を使ってやりますが、鉋刃を押さえる親指と人差し指の微妙な感覚で、金槌が落ちてくる深さと角度を調節します。専用機ではこれをガイドに沿わせてやればいいので安心です。)


                      金盤に金剛砂をうっすら蒔いて、ちょこっと水を落とし混ぜ、鉋刃がのる幅全体に伸ばしてやります。刃物を棒で支えて力を込めて裏側を研いで行きます。最初は金剛砂の粒子が粗く抵抗が強いですが、じょじょに細かくなって研ぎやすくなって来ます。

                      水気がなくなるまで研ぎますが、刃物の先端に力が掛かるようにして下さい。理想的には研ぎたい所は先端だけです。後ろにも力が掛かると、刃裏の窪んだところ(窪んでいるので裏面の平面が出やすくなっているところが、日本の道具の特徴)がヒョウタンの形になってしまいます。

                      地金の裏が出ているか確認しますが、水気がなくなるまでやると裏が鏡面になります。(鏡面がベスト)少なかったらもう一度金剛砂で研ぐが「裏押し」をやり直します。

                      後は、普通に砥石で刃を付けてやりますが、表面から「裏押し」してあるので少しごつごつします。以上、頑張ってください。

                      (書き終えて読み直してみると、これでは初心者は解らないところだらけの文章です。写真もいいのが無いですね。すみません。教則本を見てください。)

                      ------------------------------------------------------------------------

                      ギター工房9notesホームページへどうぞ






                      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                      にほんブログ村
                      ギター ブログランキングへ
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM