2018.09.20 Thursday

スモークド乾燥処理済み「ギブソンJ−45・Remodeling」の販売

0

    2018年製の新品のギブソンJ−45を購入して手を加えました。改造(Remodeling)です。

     

    当工房の目玉「スモークド乾燥」処理を施してあります。30時間薫煙しています。これによりネックとボディの剛性がアップし、また煙と熱によって細胞レベルの変化が起り「音量がアップ」「サスティーン増」「音の伝達スピードが速い」等の効果が現れます。

     

    J-45のネックブロックとサウンドホールの間には一本のバーブレイシングと薄い板が入っているだけなので、つくづく弱いと感じていました。ここにマホガニーのブロック材を増設しました。「ネック元起き」対策です。

    また”ハカランダ材”を使い指板も張り替えることにしました。ネックの剛性アップとハカランダの倍音を欲したからです。

      

     

    指板面で「仕込み角度」をやや修正してサドル高を稼ぐよう計算しています。指板のアールはモダンタイプのように少し弱めに変更してあります。(10インチから12インチになるようなコンパウンド・ラディアス) フレットはJESCAR ミディアムジャンボの♯55090を打ってあります。

      

     

    元はグローバーのロトマチック式ペグでしたが金属率が高く硬質な響きになるので、ナチュララルな響きのヴィンテージ様式クルーソン3連ペグに交換しました。

      

     

    ナットは黒いタスクが標準装備でしたが、ここは牛骨に交換しました。サドルはタスクであるうえアンダーサドル式ピエゾが敷かれていましたので、ピエゾを外しサドルを牛骨に交換しました。(LRバックスのエレメントが装備されていましたが、電池ボックスはじめコントロール・エンドピンジャックなど外して”鳴り重視”で本来のアコースティックギターに戻してあります)

      

     

    ブリッジピンもタスク製でしたがエボニー製ピンに交換しました。サドル高も充分でブリッジピンからの立ち上げリ角度が大きく取れました。これにより弦振動を効率よくトップに伝えることができます。フレット端の処理は立ち気味で指板面を広く使えるようにしてあります。

      

     

    「スモークド乾燥」の影響で塗装面がやや痩せています。ピックガードは厚めでいかにもギブソンって感じです。

      

     

    爆音で遠鳴りするJ−45に生まれ変わりました。至宝の一品に仕上がったと思います。生鳴り重視のあなたの特別なGibsonにしませんか?

      

     

    ホームページ内のSHOPで販売致します。

    Remodeling GibsonJ−45  by 9notes      税込み¥349,000 (純正ハードケース付き)

     

    仕様

    GibsonJ−45 (2018年製)

    ・スモークド乾燥処理

    ・指板下補強

    ・ハカランダ指板に交換

    ・フレット/JESCAR ♯55090

    ・指板ラディアス/10~12インチアール(コンパウンド・ラディアス)

    ・ナット交換(牛骨)

    ・サドル交換(牛骨)

    ・ブリッジピン交換(エボニー)

    ・エンドピン交換(エボニー)

    ・糸巻き交換(クルーソン製3連ペグ)

    ・L.R.Baggs Element は外す(パーツは購入者に渡します)

     

      

     

     

    ----------------------------------------------------------

    お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

     

    9notes ホームページ


    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     

     FC2 Blog

     

                                                                              ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

     

     

     

    2018.08.10 Friday

    「スモークド乾燥」処理済み JBタイプ ネック(フレットレス)の販売

    0

      「スモークド乾燥」処理済み JBタイプ ネック(フレットレス・ラッカー塗装済み・ナット有り)の販売致します。

       

      市販(国産)のジャズベース(JB)タイプ ネックを”スモークド乾燥”処理し、フレットレス加工しました。さらにオールラッカー塗装を施しエボニー製のナットも取り付けてあります。(弦溝も切ってある)

       

      JBタイプネック  販売価格(税込み・送料込み)¥49,800 (HP内のShop出販しています)

       

      JBタイプですのでPBタイプより細みのネックです。(ナット幅38.5弌法.┘椒法次聞檀)製のナットを取り付け .045 .065 .080、.100ゲージの弦溝が切ってあります。

        

       

      ネックエンド(ネックポケット寸法)は、15Fで60弌。横娃討韮僑粥ぃ悪弌.優奪エンドの厚さは26弌,任后

        

       

      フレット位置にはメイプル材を埋め込みんであります。

        

       

      スモークド乾燥で焼け色になりましたがムラがあるのでわずか着色して下地からラッカー塗装を施してあります。最終的には『3分の艶消し』でマット仕上げより艶があり、グロス仕上げより艶がないように仕上げてあります。

       

      ネック材は「スモークド乾燥」処理により、レスポンス・サスティーン・剛性に優れるようになりました。

      木材を燻す「スモークド乾燥」は、木材内のセルロースとリグニン・ヘミセルロースなどの物質を、煙の成分および熱によってセルロース間の結合水を減らしていく効果があります。その結果セルロース同士が結びつき強固になり、音の伝達率が上がると言われています。実際に弦振動の反応が早くなり(レスポンスが上がる)、結びつきが強固になった分 サスティーンが伸びるのを感じてもらえると思います。また剛性もアップするためネックがしっかり弦振動を受け止めてくれるようになるでしょう。

       

       

      --------------------------------------------

      「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

       

      9notes ホームページ


      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売

      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
       

       FC2 Blog

                                                                                ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

       

      2018.07.09 Monday

      リペア ファイル その471

      0

        エピフォン Casino Coupe / スモークド乾燥処理・ブリッジ交換・アッセンブリー交換

         

        先回のTakamineといっしょに「スモークド乾燥」処理したエピフォン・カジノクーペ。小ぶりなカジノです。

         

        「スモークド乾燥」とは、ギターを煙で燻して音響効果改善を図る処理のことです。煙は熱を木材の内部まで運ぶことが知られています。そのときに木材の細胞になるリグニン・セルロース・ヘミセルロースの構造に変化が起り、音伝導率がアップし、剛性もアップすると考えています。(実際に科学的なデータを取っていませんが、効率的な乾燥方法として古くから行われた技術です。それを自作の窯で実験を繰り返し、その効果に確信を得ました)

        「スモークド乾燥」処理の効果として「音量のアップ」「反応速度が早くなる」「サスティーンが長くなる」などがあります。

         

        30時間強「スモーク」したエピフォンカジノクーペ、全体にヤニが付着しています。それをエチルアルコールで拭き取ります。その後、バフで磨いて仕上げてます。

          

         

        ”チューンーO−マティック”ブリッジが装着されていましたが、オクターブチューニング幅が狭いため、もっと正確にチューニングできる”ナッシュビル・タイプ”のブリッジに付け替えました。ブリッジピンの径が違うため一端穴埋めしてから、穴を開け直しました。(ブリッジ下も中空でした。センターブロック付きよりもホローボディ率が高い楽器です)

          

         

        おそらく韓国製だと思われるアッセンブリ一式を米国製のものに交換しました。(CTS製のポット・スイッチクラフト社製のトグルスイッチ・同社アウトプットジャック・オレンジドロップコンデンサー・ベルデン社製配線材)

          

         

        弦はトマスティックのジャズギター用のフラットワウンドを張りました。ブランコテールピースなのでサスティーンは短め、これがジャズには合いますね。

          

         

        交換した”ナッシュビルタイプ”のブリッジ。サドルの可変範囲が広いのが特徴です。いろんな弦に対応できますね。(ジャズ弦の3弦は単線でない)ピックアップはドッグイヤータイプのP-90が載っています。ニッケルシルバーカバーは外来ノイズにも強いです。

          

         

        ヘッドは面長のタイプ。カジノのヘッドはこれじゃなきゃ。クーペはカジノより一回り小さいので取り回しが、エレキとほとんど変わりません。扱いやすくていい感じです。軽いし。

          

         

        出音は、オリジナルよりワンランクもツーランクもアップしています。生音も大きくなっています。上位モデル”エリーティスト・カジノ”にも負けないですよ。アンプを通してフロントを鳴らせばもうそれはアーチトップの音です。これはいいです。

         

        ---------------------------------------------------

         

        「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

         

        9notes ホームページ


        ブログ「よごれた顔でこんにちは」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売

        にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
         

         FC2 Blog

                                                                                  ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

         

        2018.07.05 Thursday

        リペア ファイル その470

        0

          タカミネ / スモークド乾燥処理・フレットすり合わせ・ブリッジ裏補強(弦アース加工)・PU取り付け

           

          持参された2本の楽器をいっしょに「スモークド乾燥」処理をしました。その上でそれぞれ調整・リペア・改造を施しました。このタカミネはJapan製ではないですが、依頼主がずっと気に入って使ってくれていました。少々トップに膨らみが出ていましたので、そこも修正しました。

           

          30時間以上「スモーク窯(かま)」で薫煙してあります。仕組みは「スモークドチーズ」を作るのと同じようなものですが、楽器全体に煙が回るように位置や向きを変えながら行っています。そのため結構大きな窯が必要です。その中でニカワが溶けない程度に温度を上げて煙の量と熱量を調節しながら、薪をくべて火加減しています。

            

          うっすらヤニがボディに付着するのでエチルアルコールで拭き取り、そのあとバフで磨いて仕上げます。

           

          ブリッジの後ろやや膨らんでいます。それほど顕著でないので「トップ矯正」は行わず、ブリッジ裏のプレート部を補強しながら弦のボールエンドの位置を下げて、サドルに掛かる力を増やそうと考えました。同時に「弦アース」も取っておきます。

            

           

          エレアコ化するためにLR baggsの「LYRIC」を取り付けることに。このときにブリッジプレートに付けた弦アースをプリアンプに繋ぎノイズ対策をしました。

            

           

          使いこんであるのでフレットも磨耗しています。指板の狂いは出ていないので、フレットピークを低いフレットに合わせて削って行きます。轍(わだち)の底まで削りますのでフレットは台形になっています。それを三角ヤスリを使って、再び山頂のあるフレットに削り出します。

            

           

          その後、ヤスリ傷を各種ペーパーを使って消しながらピカピカになるまで磨いておきます。

           

          「タカミネ」のドングリ頭のヘッドではなく、マーチンに似せたロゴとヘッド。一時、ギブソンとマーチンのヘッドを足して2で割ったようなヘッドをタカミネが採用していた時期(イーグルスが使っていた)がありますが、それとも違いますね。ドレットノートにカッタウエイは現在も定番。

            

           

          ピックガードはマーチンのそれより少し角ばっています。

          出音はスモークド効果で音量があり反応が早くなったとコメントを頂きました。特筆ものはそのノイズの少なさでエレアコに弦アースの効果は大です。エレキでは当たり前なんですけど、エレアコではまだまだ少数派です。

           

          次回はもう一本の「スモークド乾燥」処理したギターのリポートです。

           

          ----------------------------------------------------

           

          「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

           

          9notes ホームページ


          ブログ「よごれた顔でこんにちは」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売

          にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
           

           FC2 Blog

                                                                                    ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

           

          2018.02.24 Saturday

          リペア ファイル その438

          0

            The Flatiron    Aタイプ・マンドリン / 「スモークド乾燥」処理・フレット交換

             

            先に紹介した「津軽三味線の棹・駒」といっしょに燻煙したフラットマンドリンです。”ブルーグラス”には欠かせない楽器です。デビット・グリスマンやパンチブラザースのクリス・シーリが有名ですね(ほかは私が知らないでだけですが・・・)あでやかな音色で”華”がある楽器です。今回はこの個体のポテンシャル(存在能力)を引き出すべくスモークしました。

             

            30時間燻したあとは、全体にヤニ成分が付着しているのでエチルアルコールで拭き取り作業をします。それからバフで磨いてクリーニングします。

               

             

            指板が波打ちしていたのとフレットが磨耗していたので「フレット交換」することに。(スモーク前にフレットを抜き、指板に煙が浸透しやすい様に段取りしてあります)指板を調整して、フレットはドイツ製のジェシカー♯43080を打ち込みました。トラスロッドがないので弦を張った状態でベストなネックを”フレットタング”(フレットの脚)を調整して作り出します。

              

             

            打ち込み終わったらフレット全体のピーク(頂上)を整えて、再び頂点をヤスリで切り出し 最終的にはペーパーでヤスリ傷を磨き落としてピカピカな状態に仕上げます。

              

             

            4コースで各コース同じゲージの復弦で構成されています。調弦は各弦”4度”間隔で細いゲージから『E-A-D-G 』、バイオリン属と同じです。スムーズなフィンガリングを目指してフレット端も面取り処理してあります。

              

             

            フラット・マンドリンには”Aタイ”と”Fタイプ”があり、Aタイプは肩の張りのない丸っとしたデザインで、Fタイプは低音側にバイオリンのネックの渦巻きを模した”スクロール”があるデザインです。フラット・マンドリンに対してバックがイチジク状の"ナポリ型"があります。昭和時代に流行った「ギタマン(ギター・マンドリン クラブ)」は、このナポリ型を使い主にクラシック畑の演奏をしました。マンドリン属は世界中にいろんなパターンで広がって興味深い楽器です。

              

             

            さて、完成したスモーク済みマンドリンを演奏された依頼主からメールを戴きました。

            マンドリンの感想を書きます。

            そもそも音がどう変化するのか関心がありましたが、しばらく弾いてなるほどと思いました。
            この効果を私なりに表現するなら、楽器の材質が変わるわけではないので、

            スプルース、メイプル、はそのままでその材の
            最も良いコンデイションのものが奇跡的に組み合わさって、できた1本という感じでしょうか。

            具体的な音の感想ではマンドリンはギターほどサステイーンが長くなく、

            特にフラットマンドリンはぺらぺらになりやすいのですが、

            音一つ一つが立体的でいわゆる粒が立っている状態です。

            輪郭もしっかりしていて腕さえあればかなり説得力のある演奏になると思いました。

            より一音一音にこだわった丁寧な演奏を心掛けねばと。

            マンドリンを弾いていながらマンドリンの良い音ってどんな音かいまいち分かりませんでしたが、

            今回の経験でイメージすることができました。

             *

            感想ありがとうございました!

            ---------------------------------------------

             

            「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

             

            9notes ホームページ


            ブログ「よごれた顔でこんにちは」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売

            にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
             

             FC2 Blog

                                                                                       ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

             

             

            2018.02.20 Tuesday

            リペア ファイル その437

            0

              津軽三味線の棹・駒の”スモークド乾燥”処理

               

              Aタイプのフラットマンドリンに「スモーク乾燥」を施す際に、「試しにこれもやってみたい」とお持ちの津軽三味線の棹と駒もスモーク庫に入れて燻しました。ギター・ヴァイオリン属は扱いますが、日本の楽器はほとんど手にしたことがなかったので、興味津々で細部まで観察させてもらいました。

               

              津軽三味線は”太棹”でほかの三味線より(弦長が)長くできています。棹は3分割できて持ち運びが楽になっている(らしい)。この棹は”紅木(こうき)”と呼ばれるインドカリン属の硬い木でできています。希少木で高級材です。棹には2枚のホゾがありそれを保護する木製の蓋が装着されていました。

                

               

              ホゾの構造。日本建築の技術をそのまま応用したホゾで、ホゾ穴には金属が埋め込まれています。この小さなホゾに強度と精度が求められる技術が集められています。ほれぼれする仕事です。

                

               

              それをスルスルと合わせて行くと・・

                

               

              上下左右”クリアランス・ゼロ”でぴったり収まりました。驚愕の加工技術!!!(クリアランス・ゼロで収まるなんて考えていなかった。ほんのわずか段差ができると思っていたから・・)

               

              ヘッドと糸巻き。一体構造ではなくここも継ぎ木の技術で加工されていました。津軽三味線の太い弦には”さわり”という「ビョーン」とシタールのようなビビリ音が出るような突起があります。この出の加減を裏側のネジでやれるようになっていました(特許のようです)。

                

               

              胴の中を貫通する構造です。バンジョーに似ていますね。今回は胴はスモークしていませんが、胴には犬の皮がニカワで張られているそうです。ホゾを繋ぐと一本の棹になりました。つなぎ目を感じさせません。スゴイなぁ。

                

               

              こちらは駒です。いろいろな素材があるそうですが、これは”竹”でできています。弦の当たる下側は中空になる加工が施されていて、この技術力に唖然・・・ ”竹”の表面はガラス質で 刃物で削るにもよっぽど切れないと刃が立ちません。その素材にこのような細かい加工が。日本の加工技術の高さよ。

                

               

              姿もうつくしいです。軽さと強度を合わせ持っています。駒の理想系だと思わずにはいられません。

              後日マンドリンの引渡しの日に、セットアップした津軽三味線をお持ちくださいました。少し演奏してくださいましたが、その音量に驚きました。ギターより音が大きいんです!これが津軽三味線なのか!バチで叩くように弾くので、そのパーカッシブなサウンドも驚きでした。スモーク効果はいかほどか、評価を下すにはもう少し時間がかかりそうです。

               

              ----------------------------------------

               

              「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

               

              9notes ホームページ


              ブログ「よごれた顔でこんにちは」

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売

              にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
               

               FC2 Blog

                                                                                         ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

               

               

               

               

              2018.02.03 Saturday

              リペア ファイル その433

              0

                VG KTR-LGE  /  スモークド乾燥・ナット調整

                 

                OEMメーカー「寺田楽器」のオリジナルブランド”VG"。加工技術の高さは業界内でも有名です。その”VG"を楽器店「Music Land KEY」が”Key to the rock"シリーズのアコギ部門で使ったのが本品。ネットで検索したらこのシリーズは本格派が揃っていて「KEY」のやる気を感じました。

                前回のブログでお伝えした”ヘッドウエイ”共々「スモークド乾燥」処理をおこないました。

                 

                「燻す」と樹木に含まれる油分・ヤニ成分がギターに付着します。針葉樹ほどこの油分が多く、書道で使われる「松煙墨」は松脂を燃やした煤をニカワで固めて乾燥させたモノです。当工房では広葉樹を主に使っていますが、その中にも油分があるという訳です。

                  

                ある文献を読んでいたら「熱」がどんな「媒体」によって運ばれるかで いかに対象物中に浸透するか、が書かれていました。例えば「水分」を使うのが「蒸気乾燥」という強制乾燥になります。「炭素」を使うのが「薫煙乾燥」になり、当工房の「スモークド乾燥」はそれに当たります。

                 

                煙に含まれる「炭素」によって「熱」が木材の内部に入って行き、細胞内の水分を追い出しながら、木材内の”内部応力”が取り、また強度をアップさせる、と考えられています。

                 

                ナットを再整形しました。弦の直径の半分くらい出るようにしてやるように上面を削りつつ、傾斜を鋭角にして弦の接地面を”点”に近づけています。(クリアーな音を求めて)

                  

                 

                力木はわざと(?)粗く加工されていました。ギブソン社の力木の特徴が三角形で材を弾き割った後が残っている感じなので、それを再現しているのだと思います。「B-25」を模したモデルなので細部までも作り込まれています。

                  

                 

                依頼主からコメントを戴いています。「ボディ全体、ネックがしっかり効率良く振動して音量もしっかり出ています。高音はハギレ良く、小振りなボディなのに低音も力強く鳴ります。これは面白いギターです」スモーク効果で音量があり低音も出て、このボディでは上出来だと思いました。

                全体的に魅力的なギターでした。

                 

                -----------------------------------------

                「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                 

                9notes ホームページ


                ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                 

                 FC2 Blog

                                                                                           ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                 

                 

                 

                2018.01.30 Tuesday

                リペア ファイル その432

                0

                  Headway Hj-311  / スモークド乾燥・ナット調整・サドル調整加工

                   

                  ごひいいきにしてくださるお客様から入手された2本のギターの「スモークド乾燥」処理を調整を任されました。今回はヘッドウエイの作業内容について。「スモーク」は合計30時間ほど行いますが、その間に”天地返し”して 全体がまんべんなく燻されるようにしています。

                   

                  火の粉から保護するために袋を掛けていますが、ギターにはヤニや煤が付着します。それをエチルアルコールで拭き取ります。さらに全体をバフで磨いております。(ホームセンターで売っているような「スモーク」用燃焼材ではなく、裏山から切り出した広葉樹の薪を燃やして煙を発生させているので、少量の火の粉も舞います。煙と温度が肝です)

                   

                  J45風なで肩のサンバースト・ボディ・単板モデル。ヘッドウエイは作りが丁寧ですね。まだ、こなれた音が出ていなかったのと、各弦の分離がいまいちだったのでそこを改善します。

                    

                   

                  サドル下にアーチ状の窪みをつけ音の分離を狙います。かつて修理したクラシックギターからの応用です。指板のアールとサドルのアールと不一致でしたので、指板アールに合うようにサドル中央(1弦と6弦の弦高を確認して、そこを残すようにしてを削りました)

                    

                   

                  ブリッジピンからサドル頂点までの角度も十分です。

                   

                  ナットも再整形し少し鋭角にしました。グレーベン風のヘッドとデザイン。

                    

                   

                  「スモーク乾燥」後の特徴は、「音量アップ」と「立ち上がりのよさ 」です(この手の研究をされているほかの施設でも 同じような結果が出ているとお聞きしました)が、この機では弦を張ってすぐにその効果が出てきませんでした。調整を繰り返していると段々よくなって来ました。こういうケースも過去にあるので”慣らし”が必要なこともあります。

                  依頼主からメールを戴きました。

                  「最初は「あれっ、音が引っ込んでいる?」と思ったのですが、数日弾き続けると音が変化が・・・。

                  低音にふくよかさが出て、フィンガーではそのベース音に乗って気持ち良く弾いてしまいます。
                  また、調整により弾きやすくなりました。欲を言えばプレーン弦にもう少し元気?があると・・良いのかなあ」

                   

                  と課題もいただきました。

                   

                  スモークド効果でトップの剛性が上がっている分、力木などを弱くしてもいいと思うのですが

                  力木を”はつる”ことはよっぽどしません。もう少し様子を見てもらおうと思います。

                   

                  -----------------------------------------------

                   

                  「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                   

                  9notes ホームページ


                  ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                  にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                   

                   FC2 Blog

                                                                                             ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                   

                   

                   

                  2017.12.03 Sunday

                    「スモークド乾燥」処理済み ストラトキャスター・ボディ材の販売

                  0

                    「スモークド乾燥」処理をしたストラト・ボディ/ネックの販売を致します。

                     

                    栗・2ピース    ¥41,040
                    アッシュ・1ピース ¥35,640
                    アルダー・2ピース ¥28,080

                    ローズ指板ネック  ¥30,240

                     

                    ともに 税込み価格。また送料も込みとなっております。HP内のShopよりお買い求めください。

                     

                    下の写真は『栗』材。2.3kg

                      

                    国産の希少材『栗』は、木目が力強く茶道”数寄屋つくり”でも通好みの材として有名です。楽器材としてはアッシュとほとんど同じで、高域から低域までバランスよく鳴ります。

                     

                    下の写真は『1ピース・アッシュ』。2.2kg(ライトアッシュではありませんが、アッシュ材としては軽めの個体です)

                      

                    アッシュ材は、高域から低域までバランスよく鳴り、くっきりしたサウンドが特徴です。

                     

                    下の写真は『2ピース・アルダー』2.1kg

                      

                    アルダー材は、中高域の膨らみがあり、抜けが良いサウンドが特徴です。

                     

                    ペ−パーの320番まで磨いてあり、すぐに次の作業に入れると思います。全体に若干燻し色がついており、どの材も同じような色になっています。キャビティーのザクリ部は燻し色そのままです。フェンダー社のスケールで3シングルピックアップ・キャビティやシンクロナイズド・トレモロユニット用のザクリが施してあります。コンタクター・ボディ加工も同じようにしてあります。 

                     

                    下の写真は『メイプル/ローズ指板 』。

                       

                    国産の既製品ネックをスモークしました。22F仕様。木地仕上げ(塗装していない)ナットなし。

                    ジャンボタイプ・フレット。Cシェイプ・グリップ

                    指板R/14インチ。ペグ穴はクルーソンタイプ。ナット幅41.5ミリ 22F幅56.5ミリ

                    1Fネック厚21.5ミリ 12Fネック厚24.5ミリ

                     

                     

                    以上の材は「スモークド乾燥」処理により、レスポンス・サスティーンに優れるようになりました。

                    木材を燻す「スモークド乾燥」は、木材内のセルロースとリグニン・ヘミセルロースなどの物質を、煙の成分および熱によってセルロース間の結合水を減らしていく効果があり、その結果セルロース同士が結びつき強固になり、音の伝達率が上がると言われています。
                    実際に弦振動の反応が早くなり(レスポンスが上がる)、結びつきが強固になった分サスティーンが伸びるのを感じてもらえると思います。

                     

                     

                    ----------------------------------------

                    「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                     

                    9notes ホームページ


                    ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                    にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                     

                     FC2 Blog

                                                                                               ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                     

                     

                     

                    2017.10.17 Tuesday

                    続・モディファイ(modify)・テレキャスターbyスクワイヤー

                    0

                      以前アップしていた「モディファイ(modify)・テレキャスターbyスクワイヤー」にずっと手を入れていました。

                      なんとなく、気に入らないところがあったので自分好みに改造を加えました。その結果、オリジナルのパーツはスモークド乾燥処理してある”ボディ”と”コントロールパネル”と”ジョイントプレート”だけになってしまいました。

                      この楽器をHP内のShopで販売します。 ¥129,800(ケースなし)(まったくもうけなしのサービス価です)

                       

                       

                      ネックも差し替えてあります。国産の既製品・単品ネックで当工房の「スモークド乾燥」処理が施されているものです。

                      ボディも赤く塗り替えました。赤色といっても千差万別で人によってイメージが違いますので、市販の塗料を使いました。GSLクレオスの「Mr.COLRE レッドFS11136 サンダーバースカラー」(色の確認したい方は検索してみてください)ラッカー仕上げです。

                       

                       

                      ピックガードも白ワンプライで製作して、以前とはまったく違うイメージになっています。

                       

                       

                      ワイヤリングも換えてあって、3way スイッチを 4wayスイッチにしてあります。その結果、フロント+リアの配線が「シリーズ」と「パラレル」の切り替えができるようになり、より太い音が出せるようになりました。カントリーからブルースまでこなせます。またボリュームポットにスムーステーパーフィルターを搭載したので、ボリュームを絞ってもこもらないでハイ落しません。

                       

                        

                       

                      差し替えたネックには”9notes"のロゴを入れました。燻してあるのでネックはくすんだ色ですが、よく鳴ってくれるネックに仕上がっています。(もちろんボディも)

                        

                       

                      仕様

                      ネックおよびボディ 「スモークド乾燥処理」
                      ネック:国産ワンピース”メイプル”ネック 21F ヴィンテージタイプフレット
                      ナット:牛骨
                      ペグ:ゴトー社製 SD91
                      ボディ:アルダー(ボディ厚40ミリ)
                      ブリッジ:オールパーツジャパン社製3連ブラスサドル
                      ピックアップ:フロント 国産ビンテージタイプPU(ギターワークス社製)
                              リア   国産ビンテージタイプPU(ギターワークス社製)
                      4WAYスイッチ:Oak社製(USA)
                      アウトプットジャックプレート:キャッツアイ型
                      ポット:CTS社製(USA)×2 スムーステーパーフィルター付き
                      キャパシター:オレンジドロップ(USA)
                      シールド:ベルデン社製♯8503
                      ハンダ:ケスター社製”44”
                      総重量 3.3kg

                       

                      〈ウイークポイント〉

                      ネックを途中で差し替えることにしたのでネックポケットは前の寸法でできています。そのため左右にわずか隙間ができてしまいました。隙間にカラーリングをしたシムを挿んであります。仕込みはタイトに仕上がっているので振動ロスはありません。

                       

                      4年ほど少しづつ手を加えてやっとついに完成しました。赤いギターは見ているだけで元気が出ますね。サウンドも多彩でありながらテレキャスサウンドの特徴が生かされています。弾いてて愉しくなるギターだと思います。「乞うご期待!」

                       

                      --------------------------------------

                       

                      「お問い合わせ」は 9notes@huni.enat.jp または 080-2660-2284 まで

                       

                      9notes ホームページ


                      ブログ「よごれた顔でこんにちは」

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売

                      にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
                       

                       FC2 Blog

                                                                                                 ギター工房9notesは岐阜・恵那インターチェンジより車で15分

                       

                       

                       

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM